史上最高のギャング映画になるか? スコセッシの新作『アイリッシュマン』に迫る

史上最高のギャング映画になるか? スコセッシの新作『アイリッシュマン』に迫る
マーティン・スコセッシ監督はニューヨーク映画祭で、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが出演する、労働組合と殺し屋との関係を描いた3時間半に及ぶ大作を披露した。Netflix製作の映画『アイリッシュマン』は、史上最高のギャング映画になりそうな予感がする。

「物心がついた時から、俺はいつかマフィアになりたいと思っていた」というセリフは、映画『グッドフェローズ』を繰り返し鑑賞した人なら深く印象に残っていることだろう。というよりも、レイ・リオッタがこのセリフを口にする前の、刺し殺された死体と血に汚れたシートと真っ赤に染まる車のトランクが、作品を見た誰の目にも焼き付いていると思う。高級車を乗り回してお洒落なスーツに身を包み、それぞれがユニークなニックネームで呼ばれる地元の大物マフィアたち…クレジットロール後に流れる少年の目を通して見た空想的な映像も印象的だ。マーティン・スコセッシ監督による傑作は、『ゴッドファーザー』シリーズ以上に、後のマフィア映画へ大きな影響を与えた。2年後に別の映画製作者がスリルと笑いを組み合わせた作品をリリースしたものの、栄枯盛衰を描いたスコセッシの作品は、現代の笑いを含んだギャング映画のロゼッタストーンとして今なお君臨している。1990年代の口火を切った作品だけのことはある。

第57回ニューヨーク映画祭でプレミア上映されたスコセッシ監督『アイリッシュマン』は、監督が約30年の間に手掛けた多くの犯罪映画の成果といえる。当然、系統は大きく異なる。『アイリッシュマン』は、マフィアの用心棒から全米トラック運転手組合の幹部となり、またジミー・ホッファの片腕でもあったフランク・シーランの半生を描いた作品だ。シーランの伝記『I Heard You Paint Houses』(2004年)によれば、彼はホッファを暗殺した人物でもあるという。作品にはシーランの半生と同じく、皮肉な運命と歴史、暴力とユーモア、麻薬とイタリア系アメリカ人の人類学が描かれている。「ガキの頃、家を塗るのはペンキ屋の仕事だと思っていた」と、ロバート・デ・ニーロ演じるシーランのナレーションが流れる。その直後、建物の白い壁に銃撃による赤い血しぶきがペンキのように飛び散った。それから月日が流れ、スーツを決めた男たちの間を多くの銃弾が飛び交う。街を走る車の種類や襟のサイズを見れば、時代がひと目でわかるだろう。ここまでは、お得意のスコセッシ流だ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュース

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。