アダム・ドライバーが語る、世界が恋をした最強の悪役

アダム・ドライバーが語る、世界が恋をした最強の悪役
アダム・ドライバーの苦悩と陰鬱な激しさゆえ、世界は『スター・ウォーズ』最強の悪役に恋をしたーー。米ローリングストーン誌の最新号の表紙を飾ったアダム・ドライバー、そのカバーストーリー完全翻訳をお届けする。

彼がやってきた。のちにマーティン・スコセッシが「同世代の中で一番とはいかないまでも、最高の部類に属する役者」と評することになる俳優は、銀河系のはみ出し者のようないでたちで、これまで見た中でもっとも巨大だと思われる撮影セットへと歩みを進めた――ヘルメットの隙間から見えていればの話だが。

インディアナ州の小さな町を出て、子どもの頃レンタルビデオで見た映画の監督たちと一緒に仕事をするという特権をようやく手にしたアダム・ドライバーにとって、「目の前のことに持てる力のすべてを注ぐ」という義務は当たり前のことだった。考えられるあらゆる選択肢を試すことを厭わず、役に命を吹き込むためには手段を選ばない。だが2014年半ばのこの日、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最初の撮影で、ドライバーは少々トーンダウンしなくてはならなかった。

場所はロンドンのパインウッド・スタジオ。ストームトルーパーの衣装に身を包んだエキストラ軍団や実物大のXウィング・ファイターに周りを囲まれ、試作段階のカイロ・レンのマスクで視界をほとんど遮られたドライバーには、現実的なことにしか集中する他なかった。すなわち、85歳のハリウッドのレジェンドに重傷を負わせないこと。「僕の最初の撮影は、マックス・フォン・シドーを殺すシーンだった」とドライバー。『エクソシスト』の名優に、ライトセーバーを思い切り振り下ろすことになっていた。「僕が持っていたライトセーバーはこんなに長くて、どこに飛んでいくかもわからない。初日だったし、マックスに絶対当てるまいと思ったよ。もし当たったら、そこでクビになるかもしれない。うまく外すことができたけど――あれは完全に運のおかげだね。僕はとにかく、ライトセーバーを無我夢中で振り回していたから」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のニュース

次に読みたい関連記事「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ローグ・ワン」のニュース

次に読みたい関連記事「ローグ・ワン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ベイマックス」のニュース

次に読みたい関連記事「ベイマックス」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。