ジョン・フルシアンテ、レッチリと共に生み出した8つの奇跡的瞬間

ジョン・フルシアンテ、レッチリと共に生み出した8つの奇跡的瞬間
ジョン・フルシアンテのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ3度目となる加入を記念し、ファンの記憶に深く刻まれた瞬間の数々を紹介する。

2019年が幕を閉じる直前に発表された、ジョン・フルシアンテがレッド・ホット・チリ・ペッパーズに再び加入したというニュースは、バンドのファンの多くを歓喜させた。彼の加入はこれが3度目であり、『母乳』(原題:『Mothers Milk』)『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』を生み出した1988年~1992年の第1期、そしてバンドへの復帰作となった『カリフォルニケイション』を含む1998年~2009年の第2期の両方において、フルシアンテは凄まじいギターソロを弾き、甘美なハーモニーを生み出し、バンドのサウンドを極彩色に染め上げた。彼の脱退後もバンドは優れた作品を発表しているが、フルシアンテが参加した作品には見劣りすることは否めない。レッチリにクラシック期というものがあるとすれば、ファンの大半にとってそれはフルシアンテ在籍時を意味している。それがバンドにどのような影響をもたらすのかは不明だが、我々が彼の復帰を歓迎する8つの理由を以下で列挙する。

1.「ギヴ・イット・アウェイ」
ジョン・フルシアンテ、レッチリと共に生み出した8つの奇跡的瞬間

Youtube

ステファン・セドゥナウィが監督を務めた「ギヴ・イット・アウェイ」の白黒のミュージックビデオはバンドの躍進のきっかけとなったが、同作はフルシアンテの特異なファッションセンスを示す数少ない証拠でもある。カラーガードを思わせる動きやメンバーたちとの絡みも印象的だが、何よりも強烈なインパクトを残すのは無数の鏡を貼り付けたパンツ、当時のトレードマークだったモヒカンヘア、そして股抜きギター奏法だ。地上から見上げる形で映し出されるその姿はトリッピーで、どこかペニスを彷彿とさせる。言うまでもなく、その2つはレッチリを語る上で外せないキーワードだ。ー B.S.

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。