伝説の銀行強盗、ジョン・デリンジャーの遺体掘り起こし計画が中止に

伝説の銀行強盗、ジョン・デリンジャーの遺体掘り起こし計画が中止に
拡大する(全1枚)
1930年代前半にアメリカ中西部で銀行強盗を繰り返した伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの遺族らが遺体の掘り起こし計画を中止した。掘り起こしをめぐる訴訟が、米インディアナ州の裁判所の判断を待たずして取り下げられた1カ月後の決定だった。

2019年7月、デリンジャーの甥にあたるマイケル・C・トンプソン氏は、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリーと共同でディリンジャーの遺体を掘り起こすために、インディアナ州衛生局に許可を申請した。申請は承認され、9月16日に発掘作業が予定されたが、デリンジャーが埋葬されたインディアナ州インディアナポリスのクラウンヒル墓地が拒否した。

デリンジャーの甥とその息子は、墓地の決定の中止を求めてマリオン郡上位裁判所に提訴。だが12月、最終的に裁判所はクラウンヒル墓地の主張を支持した。これに対する控訴の期日は1月15日だったが、ディリンジャーの遺族は控訴の代わりに、掘り起こし計画の中止を選んだ。ヒストリーチャンネルは予定していたドキュメンタリーから撤退した。

「我々は今後も遺族への配慮から、我々の権利として遺体の掘り起こしを拒み、不必要な騒動からクラウンヒル墓地を保護してまいります」と、墓地の広報担当者はインディアナポリススター紙に語った。デリンジャーの遺体は、かつてインディアナポリスで連続した墓荒らしや遺体泥棒への対策として、2.5トンのコンクリートの中に収められている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク