エリカ・バドゥがお香をプロデュース、香りは自身の性器

エリカ・バドゥがお香をプロデュース、香りは自身の性器
拡大する(全1枚)
エリカ・バドゥは、自身の陰部の香りをイメージしたというお香の発売を発表し、新オンラインストア、Badu World Marketで展開予定のアイテムについて語った。

アーティストがオリジナル製品のプロデュースに手を出すのは、何もいまに始まったことではない。ラッパーのリック・ロスはかなり見事なヒゲ&ヘアケア製品を手がけているし、ジャスティン・ビーバーはデオドラントを、アリアナ・グランデはスターバックスのドリンクをそれぞれプロデュースし、カニエ・ウェストにいたっては、マイケル・ジョーダンにインスパイアされたJUMPMANよりも人気になると踏んでYEEZYというスニーカー&アパレルラインを立ち上げた。続くエリカ・バドゥも2月20日にローンチ予定の新オンラインストアBadu World Marketで自らの経歴にさらなる彩りを添えようとしている。ローンチの一環として、バドゥは”Badus Pussy”と名付けた自身の陰部の香りをベースとしたお香を発売すると発表した。

「何枚ものパンティを小さく切って燃やしたの」とバドゥは米ファッション誌10 Magazineに商品制作秘話を明かし、「燃やした灰もお香の一部なのよ……当然じゃない!」と語った。バドゥのオンラインストアは、アメジスト、ローズクオーツ、トルコ石などをあしらったウォーターボトルなどの日用品、グリル(調理に使うアレではなく、歯につけるアクセサリーのほう)、バドゥのアパレルラインFuhのアイテムなどを取り扱う。「私のアソコが男を変えるっていう都市伝説があるのよ」とバドゥは語った。「私が好きになる男や、私と恋に落ちる男はみんな仕事や生き方を変えるの」

米ファッション誌InStyleが報じたところによると、バドゥのオンラインストアはニューヨーク・シティのストリートウェアでお馴染みのChinatown Marketからインスパイアされている。Badu World Marketの目的は「小規模ブランドと著名なアートハウスのネットワーキングを推進すること」とバドゥは同誌に語った。「みんなと分かち合うためのハブ的空間よ」お香や香水業界を一新できるアーティストがいるとしたら、エリカ・バドゥ以上の適任はいないだろう。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。