レッチリのジョン・フルシアンテ、復帰後初のステージ映像が到着

レッチリのジョン・フルシアンテ、復帰後初のステージ映像が到着
拡大する(全1枚)
米現地時間2月8日、驚きのバンド復帰を発表してから初めてジョン・フルシアンテがアンソニー・キーディスとフリーといったレッチリのメンバーと慈善団体トニー・ホーク財団主催の故アンドリュー・バークル追悼ライブでステージに立った。

レッチリのメンバー3人は、チャド・スミスの代わりを務めたジェーンズ・アディクションのドラマー、スティーヴン・パーキンスとともにイギー・ポップの「I Wanna Be Your Dog」、ギャング・オブ・フォーの「Not Great Men」、さらにはレッチリの「Give It Away」といった短めのセットリストを披露した。

英現地時間2月1日に亡くなったギャング・オブ・フォーのギタリストの故アンディ・ギルに先日Instagramで追悼の意を表したベーシストのフリーは、フルシアンテの復帰後初めてレコーディングした楽曲が来る追悼アルバムのためのギャング・オブ・フォーのカバーであることを明かした。

さらにフルシアンテは、レッチリからの最初の脱退後に加入したギタリストのデイヴ・ナヴァロとも短いながらも共演し、ジェーンズ・アディクションの「Mountain Song」を披露した。

今回のオールスターライブは、億万長者ロン・バークルの息子で、米現地時間1月6日に27歳で他界した映画プロデューサーのアンドリュー・バークルを偲ぶために開催された。「私たちは今日、アンドリュー・バークルの
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク