ホアキン・フェニックス、主演男優賞受賞スピーチで「不公正との闘い」を訴える

ホアキン・フェニックス、主演男優賞受賞スピーチで「不公正との闘い」を訴える
第92回アカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。受賞スピーチでは、「人類と自然界とのつながりはますます薄れている。多くの人が自己中心的な世界観を持っているせいだ」と、不公正との闘いを訴えた。

映画『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスは、2020年2月9日に行われた授賞式でうやうやしくオスカー像を受け取ると、人類と自然との共存を訴えかけた。

「私はこれまでロクでもない人間でした」とフェニックスは震える声で語った。「私は自分勝手な人間で、時には一緒に仕事しにくい酷い人間でした。そんな私にやり直すチャンスを与えてくれた、ここにいる多くの皆さんに感謝します。私たちが最高の状態にあること。私たちがお互いに支え合うこと。過去の過ちでお互いを打ち消しあうことなく、将来へ向けて助け合うこと。私たちがお互いに学び合うこと。私たちが罪の償いのために導き合うこと。それが最高の人間愛だと思います。」

さらにフェニックスは、我々の住む地球へもっと目を向けるよう、授賞式のテレビ中継を見ている視聴者に向かって呼びかけた。以前から同様の主張を続けてきたフェニックスだが、最近では、エクスティンクション・リベリオンやアマゾン・ウォッチなどの環境活動組織が共同製作した短編映画『Guardians of Life』にも出演している。

「私たち全員が直面している痛ましい問題について考えさせられることがあります。時には問題の原因はさまざまだと感じたり、そう思い込まされたりします。けれども私には、全てに共通点が見えるのです」と彼は言う。「ジェンダー、平等性、人種差別、同性愛者の権利、先住権、動物の権利など、私たちはあらゆる不公正と闘っています。特定の国、特定の民族、特定の人種、特定のジェンダー、特定の種だけが何のとがめも受けずに他を支配下に置き、やりたい放題できるなどという考え方との闘いです。」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。