新型ウイルスの恐怖を描いた映画『コンテイジョン』が再注目された理由

新型ウイルスの恐怖を描いた映画『コンテイジョン』が再注目された理由
パンデミックが広がっていく様子を描いたスティーブン・ソダーバーグ監督の2011年の映画『コンテイジョン』が、新型コロナウイルス時代の必見作となった理由を紐解く。

始まりは、ひとりの咳だったーー。誰もが何百万回と耳にしたことのある音だ。誰かが地下鉄車両の手すりに触れる、クレジットカードを差し出す、電話を手渡す……これらもまた、誰もが何百万回と目にしたことのある光景である。ただ、かすれた咳の音とともに映し出される画面は真っ暗で、観ている人の意識はこの音に集中させられる——どことなく不吉な咳の音に。ちょっと待って、咳をしているのはグウィネス・パルトロウだ。あなたはほっと胸をなでおろす。パルトロウは空港にいる。椅子に腰かけ、携帯電話で誰かに話しているのだ(電話相手の声はスティーブン・ソダーバーグ監督)。「帰路に着く前に声が聞けて嬉しいわ」とパルトロウが言う。ラウンジで皿に入ったナッツとビールを楽しみながら、違法なカジノ遊びに関するたわいないおしゃべりに興じるアカデミー主演女優の姿。すべては順調だ。

よくよく見るとパルトロウの顔色が少し悪い。それに汗もかいているようだ。そんなことをいったら、ロンドン在住のあのウクライナ人モデルも、東京勤務のあのビジネスマンも、香港の九龍を走る電車に乗っているあの男もそうだ。かなりひどい咳をしているじゃないか。大切な人を抱きしめたり、混雑したエレベーターのなかで身を寄せ合ったり、公共交通機関を利用したり、屋外の海鮮市場を歩いたり……そこで初めて、あなたは人間同士が何気なく行っている接触を気にしはじめる。こうした触れ合いは無害すぎるあまり、普段は気にも留めないのに。だが、日常生活で行われる何気ない接触は、後になってあなたの記憶によみがえってくる。導入シーンで映し出される、こうした人々が生活する都市の人口が数百万単位であることと一緒に。相当な死者数になるだろう。もう時間がない。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。