全米2位のケラーニ、多様なバックグラウンドから生まれる「自分を救済する」R&B

       
全米2位のケラーニ、多様なバックグラウンドから生まれる「自分を救済する」R&B
全身タトゥーだらけの女の子が、パンセクシャル(全性愛者)と宣言して女性と付き合っていたかと思えば、その次には男性と交際して出産。

髪の色やファッション、雰囲気も常にコロコロ変化。共演してきたアーティストにはジャスティン・ビーバーからチャーリー・プースにG・イージー、エミネム、チャンス・ザ・ラッパー、ゼッドにカルヴィン・ハリス、ヘイリー・キヨコまで縦横無尽にジャンルを超越する。その掴みどころの無さはホールジー級? とも言えるケラーニが2ndアルバム『It Was Good Until It Wasnt』を全米アルバムチャートの2位に送り込み、存在感を見せつけている。

カリフォルニア州オークランド出身の25歳は、10代にポップロックバンドのシンガーとして頭角を現し、まずまずの成功を収めた後、ソロへと転向。発表した数々のミックステープが注目を浴び、グラミー賞にもノミネート。2016年の1stアルバム『SweetSexySavage』で全米3位を獲得して、ゴールドディスクにも認定された。

その前作ではややポップ寄りな志向も窺えたが、3年ぶりの新作ではグッと成熟味を増したR&Bサウンドへと遷移。「いろんな意味で大人になったから」と彼女は説明する。
「そうね、メロウなったわ。私の生活がそういう感じだったし、あえてそうありたいと努めていたの。子どもが出来て、より女性らしくなったこともあるわ。レコーディング中は、ずっと娘がスタジオにいてくれたし、最高のパートナーだった。このアルバムが大人っぽく聴こえるとすれば、それはきっと娘のおかげよ」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月11日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。