ローリング・ストーンズ、トランプ大統領に警告「楽曲使用を続けたら訴える」

ローリング・ストーンズ、トランプ大統領に警告「楽曲使用を続けたら訴える」
拡大する(全1枚)
政治集会での楽曲使用をめぐり、ローリング・ストーンズがトランプ大統領を訴えると警告。「トランプ大統領がジャガー/リチャーズの楽曲を政治集会で使用するのはこれが最後になるでしょう」と、バンドの代理人は語る

ドナルド・トランプ大統領の選挙陣営が先の使用停止通告書を無視して、政治集会で自分たちの楽曲を使用したのを受け、ローリング・ストーンズは「さらに踏み込んだ措置」を講じて、政治集会で自分たちの曲が使われるのを阻止しようとしている。「トランプ大統領がジャガー/リチャーズの楽曲を政治集会で使用するのはこれが最後になるでしょう」と、バンドの代理人は声明を発表した。

ストーンズは土曜日に声明を発表し、バンドの法務担当者と上演権を所有するBMIはトランプ陣営に書簡を送り、大統領が今後もバンドの楽曲を使用し続けた場合は訴訟に発展する可能性がある旨を警告したことを明らかにした。

「BMIはストーンズに代わり、楽曲の無断使用はライセンス契約違反に当たる旨をトランプ陣営に通告いたしました」と、ローリング・ストーンズの代理人は付け加えた。「ドナルド・トランプ大統領が楽曲の除外を無視して使用し続けた場合、使用禁止通告に背いて許諾されていない楽曲を使用したとして、法的措置をとることになるでしょう」

2016年の大統領選挙で再三警告されたにもかかわらず――「ローリング・ストーンズはドナルド・トランプ候補を支持しておりません。『無情の世界』はバンドの許可なく使用されました」と、ストーンズは2016年7月にツィートしている――今年6月20日、空席が目立ったオクラホマ州タルサの政治集会で、トランプ陣営は再びローリング・ストーンズの「無情の世界」を流した。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。