矢沢永吉がロックで上り詰めるまで 1970年代の楽曲とともに語る

       
アイ・ラヴ・ユー, OK / 矢沢永吉

1975年9月発売のデビューアルバムのタイトル曲、そしてデビューシングルでもありました「アイ・ラヴ・ユー, OK 」。この曲が、『STANDARD~THE BALLAD BEST~』の中ではライブ音源で収められているんですね。2018年の「EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018 - STAY ROCK -」、69歳の時の東京ドーム公演の様子が収められています。この曲は矢沢さんが18歳の時に書いたものですが、50年後にこんな風に歌っているわけです。キャロルが解散したのは1975年4月で、1stアルバムと1stシングルである『I LOVE YOU,OK』がリリースされたのは1975年9月。キャロルの炎の日比谷野音公演は4月、この1ヶ月後の5月に矢沢さんは単身でロサンゼルスに渡って、現地のA&Mスタジオでレコーディングしています。曲は全部用意してありました。「I LOVE YOU,OK」は18歳の時の曲ですから、キャロルを組む前にすでに曲は出来ていた。こういう曲があったからこそ夜行列車に乗って上京したとも言えるでしょうね。でも、「I LOVE YOU,OK」を東芝とソニーに持ち込んで相手にされなかったというエピソードもあります。そして、このデビューアルバムの制作費は彼の個人で負担したんですね。キャロルの印税はそこで全部使った。でも、キャロルはまだ前のレコード会社とまだ契約が残ってる時に解散したので、レコード会社には違約金を払わなければいけなかった。その違約金は新しいレコード会社のソニーから借りて、レコーディング費用は全部自費で出した、そんな始まりでした。『I LOVE YOU,OK』からもう一曲、「恋の列車はリバプール発」。

当時の記事を読む

矢沢永吉のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「矢沢永吉」に関する記事

「矢沢永吉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「矢沢永吉」の記事

次に読みたい「矢沢永吉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 矢沢永吉 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。