MONO NO AWARE 玉置周啓が「物語」に惹かれる理由

MONO NO AWARE 玉置周啓が「物語」に惹かれる理由
拡大する(全2枚)
MONO NO AWAREの自由な音楽を司る玉置周啓。独特のポップさを持ち合わせたサウンドスケープは、玉置が持つ「エディター的な視点」によって形成されている。そんな彼が見てきたもの、体験してきたことを中心に聞いた。

※この記事は2020年9月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.12』に掲載されたものです。

「僕、何かにハマることってあまりないんですよ。アーティストって一つのことにめちゃくちゃ集中して、『それをやっていれば幸せ』みたいな状態になるじゃないですか。それが僕にはない。基本的に飽き性だし、何かにこだわったり固執したりすることもほとんどないから、それをどうにかしたいと思った時期もありましたね」

そう語るのは、MONO NO AWAREの玉置周啓(Vo, Gt)。古今東西、様々な音楽のエレメントを絶妙なバランス感覚でブレンドしつつ、言葉遊びに長けた歌詞をポップなメロディに乗せて歌う、4人組バンドのリーダーだ。フジロックフェスティバルをはじめ多くのフェスに出演した彼らは、2017年には朋友であるTempalay、ドミコと共に中国ツアーを敢行。そのユニークな音楽性は国内外で高い評価を得ている。八丈島出身で全ての作詞作曲を手がける玉置は、その飄々とした佇まいや、人懐っこく屈託のない笑顔が魅力。世代問わず多くのミュージシャンから愛されているのは、音楽性もさることながら、彼の人柄によるところも大きいだろう。

この記事の画像

「MONO NO AWARE 玉置周啓が「物語」に惹かれる理由」の画像1 「MONO NO AWARE 玉置周啓が「物語」に惹かれる理由」の画像2

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月31日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。