『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」

『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」
拡大する(全4枚)
英国アカデミー賞授賞式で、アジア系女性監督としては初めて監督賞を受賞したクロエ・ジャオ。現在公開中の映画『ノマドランド』は作品賞も受賞した。幼少期を過ごした北京からロンドン、そしてアメリカの心の故郷の奥深くーー。クロエ・ジャオがハリウッドにたどり着くまでの道のりは長いものだった。

2020年11月7日、カリフォルニア州南西部のオーハイの町に垂れ込めていた雲の間から光が差し込んだ。クロエ・ジャオの顔がほころぶ。予定では、マーベルの新作映画『エターナルズ(原題)』のポストプロダクションのため、部屋にこもって鬱陶しい天気の土曜日をやり過ごすつもりだった。だが、ジョー・バイデンが5日間(それとも数世紀?)の悪夢の大統領選挙を制したというニュースが舞い込んだ直後に太陽の光が降り注ぐと、ジャオは予定を変更した。お気に入りのイタリア料理店からピザとティラミスを注文して祝祭だ。乳糖不耐症は、この際忘れよう。

「どういうわけか、太陽が顔を出したんです。それに、外は最高の天気。だから、今日は二度と口にしないと自分に誓った食べ物をめいっぱいオーダーして、お日様を満喫するつもりです」と、ジャオは楽しそうに言った。

お祝いムードは長く続かなかった。バイデン勝利が人々にもたらした高揚感は、トランプ支持者の否認主義と激しい暴動に取って代わり、新型コロナも猛威を振るい続けた。いまも続く深刻な感染状況にともない、『エターナルズ』の公開のみならず(現時点では11月6日に全米公開予定)、長編3作目であり、アカデミー賞最有力候補との呼び声が高い『ノマドランド』の公開も延期になった。もともとは2020年12月に公開予定だった同作は、ようやく2月に日の目を見る。2月19日に全米での劇場と定額制動画配信サービスのHuluで公開されるのだ(日本公開は3月26日)。

この記事の画像

「『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」」の画像1 「『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」」の画像2 「『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」」の画像3 「『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督、ジャーナリズム精神で社会に寄り添う映画づくり「人間って本当に面白い」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク