ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感

ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感
拡大する(全4枚)
ダニー・エルフマンが2021年6月、37年ぶりとなるソロ・アルバム『Big Mess』を発表した。

『バットマン』(1989年)、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)、『ミッション・インポッシブル』(1996年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)、『ジャスティス・リーグ』(2017年)など数々のヒット作の映画音楽を手がけてきたダニーだが、かつてロック・バンド、オインゴ・ボインゴをリーダーとして成功に導いたことでも知られている。本作はロックと映画音楽をクロスオーヴァーさせながら、現代世界のダークなディストピアを描いた、精神的にヘヴィにのしかかる音楽性を提示するものだ。

『Big Mess』の黙示録的な世界観、そして全身刺青バリバリの佇まいに対して、ダニーは穏やかに、ユーモアを込めながら話す人物だ。ニュー・アルバム、そして彼のキャリアを彩ってきたさまざまな出来事について、初公開となる秘話を含めながら語ってもらおう。

ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感

Photo by Credit Jacob

自分の中にあった”猛毒”

―『Big Mess』は”とんでもない乱雑さ”を意味するタイトルに対して、完成度の高い曲の揃ったアルバムですね。

ダニー:そう言ってくれると嬉しいね。『Big Mess』の制作はとてつもなくクレイジーな作業だった。元々、ニュー・アルバムを作るつもりはなかったんだ。2020年4月、米国カリフォルニア州のコーチェラ・フェスティバルでライブをやるためにリハーサルしていて、久々のライブにすごくエキサイトしていたけど、延期~中止になってしまった。自宅待機に入ったとき、まだ指にはエレクトリック・ギターの感触があったよ。コーチェラでは私の過去の曲を主にプレイする形式だったけど、ロックとオーケストラを融合させた構成だった。そんな路線の音楽性で新曲を書いたらどうなるだろう?と考えたんだ。新型コロナウィルスのせいでずっと自宅にいたし、とにかく何曲か書こうと思った。そのパンドラの箱を開けてみたら、閉じることは不可能だったよ。とにかく書き続けて、アルバムが作られたんだ。

この記事の画像

「ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感」の画像1 「ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感」の画像2 「ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感」の画像3 「ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感」の画像4

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。