ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年を迎えた名盤の革新性

ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年を迎えた名盤の革新性
拡大する(全3枚)
先ごろ発売されたジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年記念エディションが、オリコンデイリーランキング(8/6付)で総合1位を獲得するなど日本でも話題を集めている。1970年に発表された本作の革新性、今回のリイシューにおける聞きどころを掘り下げた、米ローリングストーン誌のレビューをお届けする。

【動画を見る】『オール・シングス・マスト・パス』関連動画まとめ

ジョージ・ハリスンが『オール・シングス・マスト・パス』の制作を始めたのは1970年5月、彼が27歳のときだった。15歳のときから音楽人生を捧げてきたビートルズが(同年4月に)解散したあと、ジョージは夏から秋にかけてスタジオにこもり、それまで温めていた曲に打ち込みつつ、新曲も作り上げていった。彼はここでオールスターキャストというべき面々、盟友エリック・クラプトンやボビー・ウィットロック(共に後年デレク・アンド・ザ・ドミノスを結成)、クラウス・フォアマンにビリー・プレストン、リンゴ・スターやジョン・レノンまで十数人の仲間を集めた。

共同プロデューサーのフィル・スペクターが例によって過剰に音を重ねた本作は、同年11月にLP3枚組でリリース。然るべき時間と発言の場さえ与えられたら、元ビートルズの「Quiet One」にいくらでも語ることがあることを証明してみせた。自分の弟に口出しさせない従兄たちが家を出たあと、残された従弟が賢くておもしろい人物であることに気づく。『オール・シングス~』はそんなアルバムである。

この記事の画像

「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年を迎えた名盤の革新性」の画像1 「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年を迎えた名盤の革新性」の画像2 「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』50周年を迎えた名盤の革新性」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ジョージ・ハリスンのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジョージ・ハリスン」に関する記事

「ジョージ・ハリスン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク