ローリング・ストーンズ『Tattoo You』を再検証 このアルバムこそ絶頂期だった?

ローリング・ストーンズ『Tattoo You』を再検証 このアルバムこそ絶頂期だった?
拡大する(全2枚)
名曲「Start Me Up」を収録した、ザ・ローリング・ストーンズ1981年の名作『Tattoo You』(邦題:刺青の男)の40周年エディションが10月22日にリリースされた。オリジナル11曲の最新リマスターに加えて、デラックス盤には未発表曲集「Lost & Found: Rarities」とライブ盤「Still Life: Wembley Stadium 1982」も付属。今回のリイシューを踏まえつつ、2021年の視点で同作を再検証する。

今から40年前の秋、ザ・ローリング・ストーンズがアルバム『Tattoo You』をリリースした。当時のアルバムのクレジット表記が曖昧で不十分だったために、アルバムリリースとツアーがセットになった典型的な作品とは全く異なる、という事実を知る者はほとんどいなかった。1981年の米国ツアーに合わせた新作の制作を求められていたバンドは、ミック・ジャガーとエンジニアのクリス・キムジーが中心となり、過去の未発表作品や不完全なトラックを発掘してヴォーカルや楽器を加え、新作として急きょ仕上げた。1995年のローリングストーン誌のインタビューで、ミック自身も認めている。「お蔵入りしていた大量の未完成トラックを引っ張り出して作った。他のメンバーはほとんど関与できる状態ではなかったからな」

アルバムのオープニングを飾り、長年に渡り愛されてきた歯切れのよい「Start Me Up」は、どう考えてもスタジアムでの演奏を念頭に書かれた作品だ。またソニー・ロリンズのサックスソロをフィーチャーした、ストーンズらしからぬ心に染みる楽曲「Waiting on a Friend」(邦題:友を待つ)は、バンドの名曲のひとつとなった。時と共に影が薄れがちだった『Tattoo You』だが、リリース40周年を記念して豪華なデラックスエディションが用意された。オリジナルのアルバムに加えて、アウトテイク集や、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで1982年に録音されたライブ盤も付属するスペシャルバージョンもある。しかし、ストーンズのアルバムの中で最もスムーズに制作できなかった作品が、なぜ今なお人気を持続しているのだろうか。

この記事の画像

「ローリング・ストーンズ『Tattoo You』を再検証 このアルバムこそ絶頂期だった?」の画像1 「ローリング・ストーンズ『Tattoo You』を再検証 このアルバムこそ絶頂期だった?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク