ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー
拡大する(全8枚)
ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』の公開を記念して、米ローリングストーン誌のカバーストーリーを完全翻訳。ここでは後編をお届けする。

【前編を読む】ザ・ビートルズ解散劇の真実 メンバー4人の証言と映画『Get Back』が伝える新発見

『ザ・ビートルズ:Get Back』
PART1:11/25(木)/ PART2:11/26(金)/ PART3:11/27(土) 各日17:00より配信スタート
※ディズニープラス加入者の方は配信スタート以降、いつでも好きな時間に視聴可能

アレン・クラインがもたらした絶望

ブライアン・エプスタインの死後の混乱に乗じて、厚かましい4人のニューヨーカーがビートルズに接近してきた。一人目は、ヨーコ・オノという名前の東京生まれのアヴァンギャルド・アーティスト。それから写真家のリンダ・イーストマン、音楽ビジネスのやり手として知られたアレン・クライン、そして風変わりなプロデューサーのフィル・スペクターの4人だ。彼らはそれぞれ個性的で、自信満々だった。4人はビートルズというバンドに恐れをなすこともなく、英国流のやり方に縛られることもなかった。彼らの強引さに惹かれたビートルズは、4人を信頼するようになった。彼らはビートルズのメンバー内に大きな影響を及ぼすようになる。クラインは4人の中で最も名を知られていない人物だが、バンドの最期に一番大きく関わったのは間違いない。

この記事の画像

「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像1 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像2 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像3 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像4
「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像5 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像6 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像7 「ザ・ビートルズ解散は必然だったのか? 崩壊寸前のバンドを巡るストーリー」の画像8