ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方

ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方
拡大する(全4枚)
フィリピン・マニラ出身の24歳、ノー・ローム(No Rome)がデビュー・アルバム『Its All Smiles』をリリースした。The 1975のマシュー・ヒーリーに見出され、ロンドンを拠点に活動するシンガー/プロデューサーが作り上げたのは、新たなポップソングのフォーミュラの勃興を目の当たりにしているような興奮を感じさせるような一枚だ。

シューゲイザー、サイケポップ、インディR&B、ガラージ、サンプリング・ミュージックなどなど、90年代から2020年代に至る様々なポップ・ミュージックのジャンルを横断し、そのセンチメンタルで夢想的なフィーリングを絶妙に融合させた全10曲(日本盤CDにはボーナストラック2曲追加収録)。

2021年4月にリリースしたチャーリーXCX、The 1975との「Spinning」など最近のコラボレーション曲ではダンス・ポップの曲調も見せていたが、アルバムは全体的にギターサウンドをフィーチャーした方向性を追求している。故郷のマニラで曲作りをし、ロンドンとミネアポリスでのレコーディング、リモートでの制作を経て完成したデビュー作は、国境/ジャンルを超えたオンラインでのクリエイティブの混交が当たり前になりつつある”ポスト・パンデミック”のポップ・ミュージックのモードを象徴する一枚とも言えるだろう。

アルバムの制作背景について、そしてノー・ロームが今の時代をどう見ているかについて、話を聞いた。

この記事の画像

「ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方」の画像1 「ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方」の画像2 「ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方」の画像3 「ノー・ロームに聞く、ポスト・パンデミック時代におけるポップ音楽のあり方」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク