ザ・リーサルウェポンズが異様さを大切にする理由、作家・爪 切男が聞く
拡大する(全2枚)
異様な雰囲気をまとった2人組が令和に旋風を巻き起こそうとしている。音楽、映画、アニメ、プロレス、ゲームなど、80年代の影響を色濃く受け、それらを愛し、自分たちの表現として昇華させた極上のエンターテインメント。それらを生み出すのは、日本人のアイキッドとアメリカ人のサイボーグジョーによる、ザ・リーサルウェポンズだ。

2019年1月に東京の都立家政で結成された彼らは、パロディやオマージュを感じさせる楽曲制作から、MVのプロデュース、そしてプロレスのリングを舞台にたけし軍団やDJ KOOなども呼び込んだライブなど、好きなものを全て詰め込み発信をし続けている。そんな彼らにインタビューするにあたり、同じくプロレスや80年代の音楽やカルチャーに大きな影響を受け、ユーモラスながらグッと胸を突き刺す小説やエッセイを描き続けている作家・爪 切男にインタビュアーをオファー。それぞれの作品を生み出す上での苦悩や哲学についてざっくばらんに語ってもらった。(編集部)

関連記事:くりぃむしちゅー有田哲平はプロレスから何を学んだのか?

「ロックの一番面白いところは、そのレコードを聴いたことによって、その人が変わってしまうところである」
「ロックというのは、聴いている人間の日常的な変化の物語なのである」

 これは、先日亡くなった文筆家の松村雄策さんの言葉である。
 ザ・リーサルウェポンズを見るたびに、私はこの言葉を思い出す。個人的に今一番ロックを感じるバンド、それがザ・リーサルウェポンズだ。

この記事の画像

「ザ・リーサルウェポンズが異様さを大切にする理由、作家・爪 切男が聞く」の画像1 「ザ・リーサルウェポンズが異様さを大切にする理由、作家・爪 切男が聞く」の画像2