台湾のオルタナティヴロックバンド・Sorry Youth拍謝少年が、4thアルバム『Noise Apartment』を6月12日に配信リリースした。

関連記事:台湾のバンド・ゲシュタルト乙女が語る、なぜ日本語で歌を書くのか

昨年は来日ツアー4ヶ所の公演を果たし、2024年には2月、3月と立て続けに台湾大型音楽フェス「Emerge Fest.(浮現祭)」と「Megaport Festival(大港開唱)」のメインステージを飾ったSorry Youth拍謝少年。
2024年下半期もその歩みを止めることなく、台湾・台北5000人キャパの会場でのワンマンライブ、さらには再びの来日ツアーなど、着々と計画を進めている。

その一環として、3年の製作期間を要して作り上げた4thアルバム『Noise Apartment』は、Sorry Youth拍謝少年が音楽の原点を振り返った作品。初期を彷彿とさせるインスト曲や疾走感のあるロック、エレクトロやTrip-popの要素を取り込んだリズム感があるサウンド、同世代のリスナーとの共鳴を引き出す友情や家族をテーマとしたメッセージ性が前面に溢れた楽曲を収録している。また、新たな試みとして、これまでは楽曲で触れてこなかったラブソングに挑戦した他、同じく台湾語を駆使し、「金曲奨(台湾のグラミー賞と称される)」を受賞した鄭宜農(イーノン・チェン)、曹雅雯(ツァオ・ヤーウェン)、謝銘祐(シェ・ミンヨウ)―など豪華ボーカル陣も迎えている。

また、本作は日本限定輸入盤アナログアルバムもFlake Recordsより日本全国で流通販売予定となっている。

<リリース情報>

台湾のオルタナバンド・Sorry Youth拍謝少年、4thアルバムリリース


Sorry Youth拍謝少年
4thアルバム『Noise Apartment』
配信日:2024年6月12日(水)
https://bfan.link/noise-apartment

Sorry Youth拍謝少年公式HP https://www.sorryyouth.com