夏木マリ、Blue Note TOKYOにて3年目となる「MARI de MODE 3」に出演!大沢伸一氏プロデュースの新曲『Co・ro・na / 私を生きて』を披露!

夏木マリ、Blue Note TOKYOにて3年目となる「MARI de MODE 3」に出演!大沢伸一氏プロデュースの新曲『Co・ro・na / 私を生きて』を披露!
エンターテインメントの第一線を走り続ける夏木マリが1月26日(土)と27日(日)の2日間、 3年目となるブルーノート東京公演「MARI de MODE 3」に出演した。 初日の1月26日(土)にデジタルリリースされた大沢伸一氏プロデュースの新曲『Co・ro・na/ 私を生きて』をオーディエンスの前で初披露。 新曲に加え、 今年も90年代から00年代にかけリリースされた小西康陽氏プロデュース楽曲、 2008年にリリースした「THE HIT PARADE」からダイナミックに歌いあげ、 ジャジーでシアトニカルな世界を繰り広げた。 バンド・メンバーは、 天野清継(ギター)、 久米大作(ピアノ、 キーボード)、 竹上良成(サックス、 フルート)、 川崎哲平(コントラバス)、 山内陽一朗(ドラムス)、 斉藤ノヴ(パーカッション)。 ステージには先にこの名プレイヤーたちが登場し、 ジャジーなインストゥルメンタル曲を奏でながら主役を待ち構える。 オーストリッチのフェザーを袖にあしらい、 背中を大胆に開けたブラックドレスの夏木は、 40年代のサン=ジェルマンを彷彿とさせるジャジーなヘアスタイル、 ミステリアスなアイメイクで登場すると、 「港のマリー」、 「かもめ」を続けて颯爽と歌い、 MCへ。 歌っている時のスタイリッシュさと、 トーク時の親しみやすさ、 そのコントラストが観客の心を惹きつけた。 “今夜は、 気持ちのいい時間を皆さんとご一緒できたら”という声に応えるように、 超満員の客席からは大きな拍手が沸き起こった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rooftopの記事をもっと見る 2019年1月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「泉谷しげる」のニュース

次に読みたい関連記事「泉谷しげる」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松平健」のニュース

次に読みたい関連記事「松平健」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュース

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。