第8回「宇宙の大問題! 8分違いのパラレルワールドをめぐる奇妙な取材とその記録」

第8回「宇宙の大問題!  8分違いのパラレルワールドをめぐる奇妙な取材とその記録」

大江戸猫こと、わたくし石丸元章

 8分違いに別のパラレルワールドが存在するという、 「8分違いのパラレルワールド」の存在を取材し始めて、もうすぐ2年が経つ。

 ことの発端は2017年の初春ーー 存在しない"偽の1万円硬貨"を使用したとして、1人の男が逮捕されたのがきっかけだ。

 詐欺の容疑で逮捕されたのは、岐阜県の派遣会社の社員を名乗る30代の男性だった。男性は「北海道函館のコンビニで、買い物を装って存在しない偽硬貨を使用し、商品と釣り8500円をだまし取った」とされている。しかし、実際に使用されている500円や100円硬貨の偽物ならともかく、偽の1万円硬貨を使用するなどという犯罪が成り立つのだろうか。それが気になり、事件がテレビで報道された直後から、自分は取材に入った。2017年冬から春にかけのことだーー。

 警察によって公開された"偽硬貨"をみると、現実の硬貨としては存在しないはずの“昭和65年”という刻印がある。裏面には橋のような図柄があるが、それも日本国に存在する橋ではない。さらに、捜査機関が偽1万円硬貨を鑑定にかけると――高価な希少金属が使われるなど上質な材料で、鋳造技術も大蔵省造幣局と比べて遜色ないレベルだということが判明した。

 そもそも、精巧な“1万円”硬貨など、使い途がないようなものを一体誰が、なぜ作ったのだろうか。


あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年3月8日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。