月に吠える。 - 令和元年、オールドでヤングなロックンロールが轟く歌舞伎町インシデント

「バンドでもやろうか」と言い続けて10年

──大森さんはそもそもバンドマン志望だったそうですね。

大森南朋(vo, gt):そうなんです。俳優をやりながらジャングルビーンズというバンドを29歳までやっていたんですが、当時はバンド・ブームも終わり、僕らは技術も才能もなくて上手くいかなくて、最後はケンカしてやめたんですけど(笑)。その頃は吉祥寺界隈で暮らしていたので、曼荼羅とかでライブをやっていました。

──どんな感じの音楽をやっていたんですか。

大森だいたい今と同じです。ボーカルが別にいて僕はギターで、たまに唄ったりする感じで。

──月に吠える。の結成を持ちかけたのは塚本さんなんですよね。

大森史朗は酒場で知り合った昔からの友達なんですけど、一緒に呑むと「バンドでもやろうか」って口癖のように話してたんです。でもいつもその場限りの話で終わって、お互い仕事も忙しかったのでなかなか実現しなかったんです。次に会うのがその1年後みたいな(笑)。10年くらいそんなやり取りをしてたよね?

塚本史朗(gt):そうですね。南朋さんと久々に酒場でばったり会って、「バンドをやろうか」ってまた同じ話をして(笑)。

大森当時の史朗は音楽業界に絶望していて、「音楽じゃ食べていけないから九州に帰ろうかな」とか言うので、まぁまぁ落ち着けよとなだめまして。そこでまた「バンドでもやろうよ」と話をして(笑)。

月に吠える。 - 令和元年、オールドでヤングなロックンロールが轟く歌舞伎町インシデント
月に吠える。 - 令和元年、オールドでヤングなロックンロールが轟く歌舞伎町インシデント

──大森さんと塚本さんはどんな経緯で知り合ったんですか。


あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年5月10日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。