【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】第7回 町山智浩(映画評論家)×切通理作(評論家)【中編】 - ミチロウは山形大学の学園祭の実行委員をやっていて、頭脳警察を呼んでくれたんだよ。

『沈黙─サイレンス─』と『カムイ外伝』の奇妙な縁

──町山さんに伺いたいんですが、PANTAさんを始め、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙─サイレンス─』に出演した日本の俳優陣に対する海外のメディアの評価はどんな感じだったんですか。

町山:それは聞いたことないですねぇ…。あれはそもそもどんな経緯で出演することになったんですか?

PANTA:よく知らないんだよ。たまたまオファーが来ただけだから。

切通:事務所の人が一度断っちゃったんですよね?

PANTA:そうそう。せっかくのオファーを勝手に断っちゃってさ。

切通:その話を聞いた浅野忠信さんが「さすがPANTAさんはロックだ」と言ったとか(笑)。

──スコセッシ監督は何をきっかけにPANTAさんを知ったんでしょうね?

PANTA:わからない。撮影の合間、地面がぬかるんでいるのを見たスコセッシ監督が「1969年のウッドストックもこうだったんだよ」って言うから「I know!」って返事したよ。もちろんウッドストックなんて行ったことなかったけど、映画で観てたからさ。

町山:スコセッシはウッドストックの記録映画で撮影と編集をやってますからね。

PANTA:ああ、そうか。日本で『沈黙』の記者会見の後に懇親会があって、スコセッシ監督に「まさかあなたとウッドストックの話ができるなんて思わなかったし、自分の人生の宝物ですよ」と話したら返事もしてくれなくて、「それよりボブ・ディランなんだけどさ…」とか言うわけ。その頃ちょうどディランがノーベル賞受賞で大騒ぎだったから。「僕が彼の『ノー・ディレクション・ホーム』というドキュメンタリー・フィルムを撮りたいとオファーして、返事が来たのが2年後だよ!」って言ってたね。「2years! 2years!」って。でもまさか天下のスコセッシ監督とディランの話をするとは思わなかった。


あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年5月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。