90年代リバイバル! 安斉かれんが、デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」を、8cmシングルとして全国タワーレコード限定リリース!

90年代リバイバル! 安斉かれんが、デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」を、8cmシングルとして全国タワーレコード限定リリース!
令和元日に、サブスクリプション音楽配信サービス限定シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」で、avexよりデビューを果たし、多くの音楽メディアのパワープレイ、USENリクエスト J-POP HOT30でも1位を獲得、さらには、M·A·Cの「女性ソロアーティスト初となる店頭コレクションビジュアル」に連続起用されるなど、サウンドとビジュアルの両面で大きな注目を集めている安斉かれん。 本日、「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」が、” 8cmシングル”として、全国タワーレコード店頭限定でリリースされた。しかも、初回限定盤は、無料。このサプライズにネット上では、彼女のファンのみならず、大きな話題を呼んでいる。また同日「TOWER PLUS+ 安斉かれん」も発行され店頭のみで入手できるのでぜひチェックして欲しい。
90年代リバイバル! 安斉かれんが、デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」を、8cmシングルとして全国タワーレコード限定リリース!
8cmシングルは、1988年から、レコードに代わる新たな音源の販売手段として、2000年代前半まで流通した手のひらサイズのCDで、90年代J-POPシーンを語るには欠かせない存在。パッケージデザインは、代表作「RGB_Light」など様々なアートを代表する一方で、「DOLLHOUSE」をはじめファッショナブルなエキシビジョンを次々に手掛けるアート・ディレクター「河野未彩」が担当。今作の「90's REVIVAL / CYBERPUNK /VAPORWAVE」な世界観を体現している。 音源を簡単にデータとして手に入れることが出来る ”今” だからこそ、ポストミレニアル世代から懐かしさを感じるバブル世代まで多くの人々が「CDを手に取ってワクワク・ウキウキする気持ち」を、初めて、あるいは再び、体感できるのかもしれない。安斉かれんは、ViViやNYLON JAPANにも登場するなど、続々とファッション・メディアへの露出も決まっており、今後の活動から目が離せない。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年5月22日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。