mono palette.、あげいん復帰ツアー終幕! 3部が一時ライブ活動休止を発表したファイナル公演!

mono palette.、あげいん復帰ツアー終幕! 3部が一時ライブ活動休止を発表したファイナル公演!
ネットシーンで注目を集める男性ボーカルグループ「mono palette.(モノパレット)」が、5月19日にワンマンツアー『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』のファイナル公演を東京・TSUTAYA O-EASTにて開催した。 昨年12月26日に行われたライブにて、グループのリーダー「あげいん」が声帯ポリープ手術で活動を一時休止することを発表し、今回の東名阪ワンマンツアーより復帰。4人でのパフォーマンスは、躍動感溢れるステージとmono palette.にしか出せないアイデンティティに溢れた内容だった。そんなファンが待ち望んだ復帰ライブから、ツアーファイナルとなった19日O-EAST公演の様子をレポートしていく。 ダンサブルなSEと会場いっぱいの4色のサイリウムに迎え入れられ、グループ初となるオリジナルの衣装に身を包んだメンバーが登場。一瞬の静寂の中、1曲目「花鳥風月」がスタート。あげいんの「全員俺らが幸せにするよ」という一言で早くも会場の興奮はピークへと駆け上がっていく。続いて「恋のABO」ではカラフルに光るグラスを装着し、振り付けとあわせてポップなステージを展開した。 「『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』へようこそ!」とあげいんが挨拶し、雪見が「まだまだ前半戦、これから盛り上がっていけますか!」とファンに呼びかけ。立て続けに「weeeek」「アンダーカレント」「一騎当千」を披露。緊迫した爆発力のあるパフォーマンスと時折見え隠れする愛くるしさの絶妙なバランスで、彼らにしか生み出せない空間を創り出していく。 Rimとあげいんがキスを交わし歓声を浴びた「ID」を皮切りにソロコーナーへ突入。雪見は「かかってこい東京!」とオーディエンスを煽り「マリオネットラヴァーズ」で力強くシャウト、ヘヴィーなステージとなった3部の「禍禍≫Reflection」では、ファンが頭を振り身体を折り畳む熱狂空間に。前髪を持ち上げ再登場したRimは、「ストリーミングハート」でクラップや掛け声で会場をひとつに。一体感をそのままに、あげいんが「ラブヘイトマジョリティ」で真っ赤に染め上げ、変幻自在のソロパートが展開された。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年5月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。