渋さ知らズオーケストラ特別編成の「渋さ知らズ"八ヶ岳"セッション」も出演する絶景音楽フェス!「ハイライフ八ヶ岳2019」の全貌が明らかに。

渋さ知らズオーケストラ特別編成の「渋さ知らズ"八ヶ岳"セッション」も出演する絶景音楽フェス!「ハイライフ八ヶ岳2019」の全貌が明らかに。
拡大する(全1枚)
7月20日(土)21日の2日間にわたり、八ヶ岳の絶景が味わえる「サンメドウズ清里」にて音楽フェス「ハイライフ八ヶ岳2019」が開催。総勢40組のアーティストの出演などその全貌が明らかになった。 今年で3度目の開催となるこの音楽フェスの会場は、冬季はスノーリゾートである「サンメドウズ清里」。スノーリゾートというだけあって、標高1600mの会場は真夏でも平均気温が21度ほどと涼しく、爽やかに過ごすことができる。 八ヶ岳のど真ん中に位置するこの会場は富士山から南アルプス、秩父連峰までを望む360度の大パノラマを一望。清里&八ヶ岳の豊かな地域からの美味しい食も楽しむことができる。また、その広大な環境やスキー場という管理された場所での開催や地元、北杜市を中心とした飲食ブースやワークショップが充実しているため、家族でも安心して楽しめる音楽フェスとして好評だ。 注目の音楽は、元ちとせが大自然の中で音楽を表現する他、渋さ知らズオーケストラ特別編成の「渋さ知らズ“八ヶ岳”セッション」には、初期メンバーである藤井裕二(ROVO)のセッション参加も決定。若手注目アーティストのtocomona、jizueやLUNA SEAX JAPANのSUGIZOが谷崎テトラと共にエレクトリックバイオリンで奏でるアンビエントセットは必聴。さらには自然と家族を大切に活動する、元FUNKY MONKEY BABYのモン吉など総勢40組以上の幅広いジャンルの一流アーティストたちが出演する。 誰もが知るアーティストから、ロック、ジャズ、ファンク、民族音楽から、素朴な弾き語りシンガーまでの多彩なラインナップが、絶景の自然と共に、ハイライフ八ヶ岳だからこその特別な音楽の場をつくりだす。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「渋さ知らズ」に関する記事

「渋さ知らズ」に関する記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク