渡辺歩(監督)- 『海獣の子供』 原作がもつ余白を意識した作品づくり

渡辺歩(監督)- 『海獣の子供』 原作がもつ余白を意識した作品づくり

原作の魅力を再発見

──渡辺(歩)さんに『海獣の子供』の監督依頼があった際のお話を伺えますか。

渡辺:以前から五十嵐(大介)さんのファンでしたし、『海獣の子供』もオファーをいただく前から読んでいたので、これをアニメ化するのかという驚きがありました。本当に素敵な作品なので、映像化する機会をいただけることにも魅力を感じました。企画を立ち上げられた際の、「作品そのもののテーマの大きさ・五十嵐大介作品で共通して描かれている女性の強さが特に色濃く出ているから」というお話を伺いました。

──原作を読まれていたということですが、作品の魅力はどこにあると考えられていますか。

渡辺:単純な結果や結論を出すのではなく、読み手に解釈を預けるという作品の懐の深さだと思います。読者の好奇心を刺激するところ、そして“生命は素晴らしい”という、五十嵐さんの全作品に通じるテーマですね。あと、絵を五感で読ませるあのタッチですね。

──色や音、温度や匂いまで伝わってくるように感じますね。

渡辺:ここまで高度にテーマと描写技術が備わっている作家はなかなかいないと思います。映画化にあたって、漫画の魅力を再発見したので、改めてこの凄さを伝えたいと考えています。

渡辺歩(監督)- 『海獣の子供』 原作がもつ余白を意識した作品づくり

──“生命はどこからきて、どこに行くのか”というものは、人間誰しもが持つ原初のテーマで明確な答えがあるものではないですから、より取り扱いも慎重になるのではと思いますが。


あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月3日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。