映画『海獣の子供』 誰もやってない映画音楽の手法とは!? 久石 譲 オフィシャルインタビュー映像到着!

映画『海獣の子供』 誰もやってない映画音楽の手法とは!? 久石 譲 オフィシャルインタビュー映像到着!
自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がついに映像化。主演は14歳ながらにして数々の映画・ドラマ・CMにて幅広く活躍する芦田愛菜が務め、石橋陽彩や浦上晟周といったフレッシュな若手から、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子ら実力派キャストが集結。 音楽は久石譲が手がけ、米津玄師が自身初の映画主題歌を書き下ろした事でも話題を集めている映画『海獣の子供』が絶賛上映中。SNSを中心に、圧倒的な映像美とその絵を支える音楽の先で行き着く没入感と浮遊感に、驚嘆と賞嘆が溢れている。 この度、映画『海獣の子供』の映画音楽を手掛けた、久石 譲のオフィシャルインタビュー映像が到着。
長編アニメーション映画の音楽を手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなり、いったい今作ではどのようなチャレンジを仕掛けたのか、インタビューの中で語っている。映画音楽のセオリーである「音楽を状況に付けるか、心情に付けるか」という事から距離をとって、<従来誰もやっていない映画音楽の方法>で今回の音色を紡いでいったという久石 譲。 さらに、作品については「観る人のイマジネーションをきちんと駆り立てるもので、アンテナを貼っていればこれほど面白い作品はない」とその魅力を語った。五十嵐大介が生み出し、STUDIO4℃が色と動きを付け、新たな命を吹き込んだ、映画『海獣の子供』本編で堪能する“音”に是非、注目しよう。

映画『海獣の子供』

絶賛上映中 【原作】 五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊) 【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 田中泯 富司純子 【監督】渡辺 歩 【音楽】久石譲 【主題歌】米津玄師「海の幽霊」 【アニメーション制作】STUDIO4℃ 【配給】東宝映像事業部 【音楽】久石譲 【主題歌】米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ) ©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 森崎ウィン ミャンマー
Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事

「森崎ウィン + ミャンマー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュース

次に読みたい関連記事「片寄涼太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュース

次に読みたい関連記事「吉川晃司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。