向井理、2年ぶりの主演舞台! 赤堀雅秋が書き下ろす、震災後の集落が舞台のリアル群像劇。「初日の前日に『もう二度とやりたくない』と思うけれど......。」

向井理、2年ぶりの主演舞台! 赤堀雅秋が書き下ろす、震災後の集落が舞台のリアル群像劇。「初日の前日に『もう二度とやりたくない』と思うけれど......。」
赤堀雅秋が2年ぶりに書き下ろす待望の新作舞台『美しく青く』がこの夏、 東京と大阪で上演される。 6月某日、 主演の向井理が大阪市内で会見を行った。 震災から数年たったとある日本の集落。 獣害に悩まされる人々は自警団を結成し、 日々対策に追われていた。 自警団のリーダーとして住民の士気を高めたい青木保(向井理)。 妻・直子(田中麗奈)は認知症の母・節子(銀粉蝶)の介護に追われ、 同級生で農家の古谷勝(大東駿介)は協力的だが、 片岡昭雄(平田満)は頑なに活動に協力をしようとしない。 峰岸春彦(駒木根隆介)は熱意に乏しく、 役場の箕輪茂(大倉孝二)はどっちつかずの対応と、 事態は一向に改善されず。 自警団の青年・林田稔(森優作)は東京に憧れ、 勝の妹・美紀(横山由依)は都会に疲れて帰郷する。 佐々木幸司(赤堀雅秋)、 順子(秋山菜津子)夫婦が営む居酒屋では、 今日も猟師の落合秀樹(福田転球)ら馴染み客が、 他愛もない話に花を咲かせる。 何気ない日常のどこにでもある風景。 しかし保の熱意が火種となり、 少しずつ彼らの日常は熱を帯びはじめて……。 「自分たちの日常の延長線上にあるような生々しい世界観のなかで、 自分だったら巻き込まれたくないような環境や状況も、 客席から俯瞰で観ているとどこか滑稽で面白い」と、 赤堀戯曲の魅力を語る向井。 「劇中ではみんな結構下らない話をしているんですが、 でもそれが今後の展開のヒントになったり、 後に物事が大きくなる火種になったりする。 色んなところに種を蒔いて、 最終的にはすべてが回収されていく。 良くできた脚本だなと」

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。