海外のシティー・ポップ・ブームを巻き起こした立役者の一人、韓国のNight Tempo、公式リエディットに続く第二弾は杏里!

海外のシティー・ポップ・ブームを巻き起こした立役者の一人、韓国のNight Tempo、公式リエディットに続く第二弾は杏里!
欧米で日本の 80年代ポップスが再評価され、コンピレーションやリイシュー企画が組まれたり、当時のアナログ盤が高値で取り引きされるなど、いわゆるシティー・ポップがネットを中心に盛り 上がっている昨今、竹内まりやの 1984年発表の「プラスティック・ラブ」をリエディットした音源がアメリカの音楽サイト発信で話題となり<YouTube>では 850万回再生超え、この影響からかtofubeatsやFriday Night Plansといった日本人アーティストがカヴァーをリリース、更には本家が新たにMVを発表するなど、「プラスティック・ラブ」現象を国内外で巻き起こした張本人の一人である、韓国のプロデューサー/DJ、Night Tempo。 角松敏生とダフト・パンクをこよなく敬愛し、日本の80年代ポップスやアイドルの作品のカセット・テープ収集家にして、欧米で生まれたネット発の音楽ジャンル「ヴェイパー・ウェイヴ」シーンの人気アーティストである彼が、今年4月にリリースしたアイドル・デュオ最高峰、Winkの往年の名曲の公式リエディットに続く第二弾に選んだのは、昨今の所謂「シティー・ポップ」シーンでは女神として崇めたてられている、70年代後半から活動を続けるポップ・アーティストの代名詞=杏里。 『杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』と銘打った第二弾作品には、シティー・ポップ・シーンで人気の「Remember Summer Days」を始めとする以下4曲が、Night Tempoの手によりフューチャー・ファンクにアップデートされ収録されている。 ジャケット・アートワークは前作に続き、Night Tempoとタッグを組んで活動している韓国のレトロ・ペインティング・アーティスト: tree 13 によるもの。新宿「ビームスジャパン」で 6月に開催されている「2050年のファンシーショップ」をコンセプトにしたポップアップイベント『menmeiz.com』でキュレーターの一人に抜擢されるなど、ファッション・シーンからも熱い注目を集める新鋭イラストレーター。 6月にはTBS

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「尾崎亜美」のニュース

次に読みたい関連記事「尾崎亜美」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山口百恵」のニュース

次に読みたい関連記事「山口百恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「内田裕也」のニュース

次に読みたい関連記事「内田裕也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。