PUSHIM、20周年ツアー東京公演盛況のうち終幕! 約6年振のLIVE映像発売決定!「強い心を持って、またステージに立ちたい」

PUSHIM、20周年ツアー東京公演盛況のうち終幕! 約6年振のLIVE映像発売決定!「強い心を持って、またステージに立ちたい」
「デビューから20年経って思うことは、心は20年前と変わっていないということ。今も音楽には夢を持っているし、あんなことしたい、こんなことしたい、まだまだ自分は未熟だという気持ちでいっぱいです」。デビュー20周年ライヴツアー「PUSHIM 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR “immature”」東京公演のステージで、PUSHIMが発した言葉だ。 10代の頃からレゲエの現場で歌い始め、1999年に「Brand New Day」でデビュー。R&Bディーヴァたちが活躍する時代に、「私にはレゲエがある」と信じた道を突き進み、本場ジャマイカでのレコーディングも多数経験。そのレゲエが持つ多様なサウンド・アプローチとリアリティのあるメッセージを、圧倒的な歌声とともに届けてきた。
PUSHIM、20周年ツアー東京公演盛況のうち終幕! 約6年振のLIVE映像発売決定!「強い心を持って、またステージに立ちたい」
今年でデビュー20周年を迎えたPUSHIMだが、本人の言葉を借りれば「失敗の多い人生」だった。自信を失うこともあれば、実らぬ恋もたくさん経験した。彼女が楽曲に託すポジティヴなメッセージの裏には、悲しみや挫折などネガティヴな感情がある。それを押し退け自分を奮い立たせるために、強く前向きな楽曲を作り続けてきた。「人生に試練はつきもの。それが痛いほどわかるから、曲を作り、音楽でみんなと気持ちを分かち合えたらという想いで歌い続けています」。そう、ライヴの途中で想いを吐露したPUSHIM。ひとりの女性であり母親である彼女が生み出す楽曲に感動し、涙を流し、強く生きようと背中を押されたリスナーは多い。ライヴツアー「PUSHIM 20th ANNIVERSARY LIVE TOUR “immature”」の東京公演に駆け付けたオーディエンスから送られた「PUSHIMありがとう!」のエール。彼女の音楽を人生の一部にしてきたファンにとって、このツアーは特別なものだったに違いない。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月25日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら