怒髪天、4年ぶり開催の「大怒髪展」で前人未到の愛され企画「オトナノススメ~35th 愛されSP~』トリビュートが先行公開!!

怒髪天、4年ぶり開催の「大怒髪展」で前人未到の愛され企画「オトナノススメ~35th 愛されSP~』トリビュートが先行公開!!
今年結成35周年を迎えた怒髪天が6月23日(日)、渋谷TSUTAYAO-EAST/O-WESTにて『もっと!もっと!愛されたくて35年。大怒髪展2019“雑エンターテインメント”』を開催した。 まずはO-EASTのサブステージにて怒髪天のアコースティックライブ。全員お揃いの法被姿で「オトナノススメ」「酒燃料爆進曲」をはじめとした定番曲をボサノバ調やブルース風など粋なアレンジで小気味に聴かせる。「アコースティックはしっとりと」という通例を打ち破り増子直純(Vo)も汗まみれで熱唱。賑やかで騒々しく、彼らしいステージで“おやじたちの長い一日”は幕開けた。 メインステージには三宅弘城、宮藤官九郎、よーかいくんの3人からなるパンクバンド、画鋲。セットリストを先に宣言してから演奏するという掟破りのライブ運びで、「お子様連れには聴かせられない(増子談)」というアブない楽曲をハードコアパンクのビートに乗せ、次々とぶっ放していく。“超画鋲”と称した増子を交えての「ノット・サティスファイド」を含めた45分28曲。まさに怒涛のステージだった。 O-WESTでは、怒髪天メンバーによる“雑演芸”が繰り広げられる。清水泰次(Ba)の軽快なヒゲダンス、上原子友康(Gt)は我流で臨んだ三味線を披露。右手が流血するほどの激しい撥捌きで魅了する。増子は、クジヒロコ(Pf)を迎え、舞台『サンバイザー兄弟』で着用した真っ赤なドレスを纏い、日本を代表するシャンソン曲を熱唱。普段とは一味違う艶めく美声に皆が酔いしれた。 O-EASTに戻ろう。巧みな話術に聴かせる歌は本格派、アコースティック編成の

あわせて読みたい

気になるキーワード

増子直純のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る 2019年6月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。