世界的美術家・横尾忠則が玉置浩二の肖像画を初めて描きおろし! 「玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた」

世界的美術家・横尾忠則が玉置浩二の肖像画を初めて描きおろし! 「玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた」
玉置浩二×オーケストラ公演(2016年&2018年)ポスターのグラフィックデザインを担当してきた横尾忠則が、 初の玉置浩二肖像画ポスターを制作。 今週、 全国紙の全面広告として発表される。 玉置浩二の肖像画は、 5年間の玉置のオーケストラ競演シリーズの集大成、 “РОМАШКА(ロマーシカ)” 公演(東京2019年7/17&19、 管弦楽:ロシア国立交響楽団)の会場を飾る。 「最初は真正面から見た玉置浩二さんの肖像画を描いたが、 これは玉置さんじゃないと思った。 その時、 阿修羅像の三面体が頭に浮かんだ。 そこで玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた。 『命を与える者』の象徴です」ローリング・ストーンズ、 カルロス・サンタナ他、 世界的アーティストとの濃密な交流からアートワークを創出し続けた横尾ならではの独自の世界観、 深淵な人間観が漂う。 今夏、 アジア最高峰のヴォーカリストと称される玉置浩二と名門ロシア国響の“世界的競演”を飾る“音楽とアートの融合”がいよいよ誕生。 日本が誇る天才芸術家たちの想像を超えた競演に、 国内外の音楽&アートシーンの注目が集まる。 (本作品は、 7/1(月)読売新聞東京支社版夕刊、 7/4(木) 朝日新聞東京支社版朝刊、 7/8(月)発売「AERA」で発表予定。 また、 7/17&19公演の来場者全員に肖像画特製クリアファイル(完全限定非売品)を配布)※ロマーシカはロシアの国花。

横尾忠則×玉置浩二 コラボレーションアートワーク

世界的美術家・横尾忠則が玉置浩二の肖像画を初めて描きおろし! 「玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた」
(左から)2016年(1)、 2016年(2)、 2018年、 2019年

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「玉置浩二 + ライブ」のおすすめ記事

「玉置浩二 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「玉置浩二 + コンサート」のおすすめ記事

「玉置浩二 + コンサート」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「相川七瀬」のニュース

次に読みたい関連記事「相川七瀬」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月1日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 玉置浩二 コンサート
  2. 玉置浩二 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。