ポルノグラフィティの「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」は"聴く年表廊下"や"デジタル寄せ書き"などインタラクティブな展示!

ポルノグラフィティの「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」は"聴く年表廊下"や"デジタル寄せ書き"などインタラクティブな展示!
2019年8月30日(金)から9月9日(月)にかけて「PARCO MUSEUM(パルコミュージアム)」(東京都豊島区)で開催される、 ポルノグラフィティのメジャーデビュー20周年を記念する「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」にMOGURA ENTERTAINMENTが企画・制作で参画する。
ポルノグラフィティの「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」は"聴く年表廊下"や"デジタル寄せ書き"などインタラクティブな展示!
展示会では、 質問に答えることで、 その時の気分に合ったポルノグラフィティの楽曲をオススメしてくれる「JUKE BOX」、 壁に投影された単語をタッチすると、 その単語が含まれるフレーズが浮かび上がり曲が流れる「Lyric Wall」、 壁に投影されたタッチスクリーンに手書きでメッセージやイラストを描くと、 大型スクリーンにリアルタイムで表示される「デジタル寄せ書き」の3つのインタラクティブコンテンツを主軸に様々な展示物を見ることができる。
ポルノグラフィティの「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」は"聴く年表廊下"や"デジタル寄せ書き"などインタラクティブな展示!
今回、 ソニービジネスソリューション株式会社による展覧会全体の企画・演出協力、 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社およびソニーPCL株式会社、 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の技術協力によって、 年表の前のエリアを3つの音空間に区切ることで音同士を干渉させずに、 エリアごとに異なる楽曲と、 年表と連動したメンバーのコメントを聞くことができる「聴く年表廊下」、 来場者がタッチスクリーンに描いた手書きのメッセージやイラストがその場で壁面に投影される「デジタル寄せ書き」の企画が実現。 ソニーの技術を生かしたこれまでにない新しい体験が可能。
ポルノグラフィティの「ポルノ展 20 YEARS EXHIBITION」は"聴く年表廊下"や"デジタル寄せ書き"などインタラクティブな展示!
そのほか本展示会初公開となる、 蔵出しのライブ写真、 手書き歌詞、 譜面などの展示も予定しているとのこと。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ポルノグラフィティ ライブ
Rooftopの記事をもっと見る 2019年7月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュース

次に読みたい関連記事「桑田佳祐」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。