玉置浩二とロシア国立交響楽団の伝説的な一夜、観客 総立ち! 9月にはTV特番も!

玉置浩二とロシア国立交響楽団の伝説的な一夜、観客 総立ち! 9月にはTV特番も!
今年で5周年目を数える玉置浩二【PREMIUM SYMPHONIC CONCERT】の最新シリーズ【THE EURASIAN RENAISSANCE “ РОМАШКА(ロマーシカ)”】が、 2019年7月19日、 東京芸術劇場にてツアー・ファイナルを迎えた。 【PREMIUM SYMPHONIC CONCERT】は、 玉置とオーケストラの共演によるコンサート・シリーズで、 2015年2月の初演から今年4月の”薬師寺公演”まで、 実に80近くにも及ぶ公演数を誇る。 その5年間の集大成として、 6月に福岡でキックオフしたのが、 新たなコンサート・ツアー【THE EURASIAN RENAISSANCE “ РОМАШКА(ロマーシカ)”】だ。 とりわけ7月17日に東京・サントリーホール 大ホール、 19日に東京芸術劇場で行われた追加公演は “特別公演”とも題され、 日本から遠く離れたモスクワを本拠地とするロシア国立交響楽団《シンフォニック・カペレ》の参加を受け、 特別な演奏プログラムや演出を用意。 かねてより海外楽団との共演を望んでいた玉置にとって、 悲願が叶った形であると同時に、 大きな挑戦として実現したコラボレーションでもあった。 なお会場では、 玉置浩二の肖像画ポスターが限定先行販売された。 この肖像画は、 これまで同シリーズ公演のアートワークを手掛けてきた横尾忠則が、 本公演のため特別に書き下ろしたもの。 横尾本人が「最初は真正面から見た玉置浩二さんの肖像画を描いたが、 これは玉置さんじゃないと思った。 その時、 阿修羅像の三面体が頭に浮かんだ。 そこで玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた。 『命を与える者』の象徴です」と語る通り、 鮮烈な仕上がりとなった同作は、 音楽ファンのみならずアート・ファンの間でも大きな話題を呼んでいた。 公演は、 14型大型編成、 総勢約100名に及ぶロシア国立交響楽団のパワフルな演奏で、 より一層のふくよかさ、 威勢の良さを宿した「歓喜の歌(管弦楽)」によって開幕。 その後「キラキラニコニコ」「いつもどこかで」に続いて披露された「ぼくらは. . .」は、 本ツアーに際し、 新しくオーケストラ編曲されたもので、 絶妙なバランスで抑揚するオーケストラ・サウンドのなか、 玉置の艶やかなヴォーカルが揺蕩っていく。 そして終盤に向けて、 一気にうねりを上げる演奏に伴い、 玉置もクライマックスを印象付ける倍音ヴォイスのロング・トーンを披露すれば、 客席からこの日最初の歓声が。 続く「ロマン」と「FRIEND」も本公演のために新たに編曲されたものとなっており、 本公演のチャレンジングな側面が感じられる2曲で第1部の幕は閉じたのだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 玉置浩二 コンサート
  2. 玉置浩二 ライブ
Rooftopの記事をもっと見る 2019年7月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「玉置浩二 + ライブ」のおすすめ記事

「玉置浩二 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「玉置浩二 + コンサート」のおすすめ記事

「玉置浩二 + コンサート」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュース

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。