アーバンギャルドの松永天馬がタワーレコードで新レーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)を設立。

アーバンギャルドの松永天馬がタワーレコードで新レーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)を設立。
タワーレコードでは、松永天馬(アーバンギャルド)の第二弾ソロアルバムとなる『生欲』(セイヨク)を、 このたび新設したレーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)より発売されることが決定。 今作は、松永天馬自らのプロデュースによりタワーレコード内に立ち上げた同レーベル第一弾作品としての リリース。作品の詳細情報とともに、レーベルロゴが公開された。レーベル名にある「TEN」と、ペガサスを 意味する「天馬」の「天」の字を象(かたど)ったシンプルでスタイリッシュなデザインに仕上がっている。
アーバンギャルドの松永天馬がタワーレコードで新レーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)を設立。
アーバンギャルドの松永天馬がタワーレコードで新レーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)を設立。
トラウマテクノポップバンド「アーバンギャルド」のリーダーであり、その頭脳として知られる松永天馬の ソロ第二弾作品『生欲』の初回生産限定盤は全 8 曲入りの CD に加え、今作のために撮り下ろされた短編映画、 そして今年のバレンタインデイに渋谷 WWW で開催されたライブ「VALENTINE HARASSMENT」の中からセ レクトした楽曲映像を収録した DVD を付属する全 2 枚組のボリューミーな内容。CD のみの通常盤と併せて 2 形態同時発売。 映画『松永天馬殺人事件』の監督・脚本・主演を務め、最近では「じゅじゅ」ほかアーティストへの楽曲提 供も活発に行っている松永天馬。「アーバンギャルド」では 2019 年秋に全国ツアー、ボーカル浜崎容子のソロ 作品リリースなどの動きを見せる中、満を持してソロとしての新作を完成させた。表題曲「生欲」、名曲の 呼び声高い「ポルノグラファー」「プレイメイト」「生転換」「ナルシスト」など本人の作詞・作曲ナンバーに加 えて、いまみちともたか(ヒトサライ/BARBEE BOYS)作詞・作曲・編曲によるポップさがたまらない「ピンクレッドVII」(ピンクレッドセブン)、大谷能生 作曲・編曲によるポエトリーリーディング「T 字架」、といった提供曲も収録。 さらに ex.面影ラッキーホール・現 Only Love Hurts のカバー「好きな男の名前腕にコン パスの針でかいた」も収録。8 曲の多彩な作品の中に通底する、「人間の業」を深くえぐりとって作 品に昇華する《松永天馬の才気》がほとばしる、渾身の新作。さらにリリースを記念した、イ ンストアツアーの詳細も発表。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年7月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。