超新星 to SUPERNOVA デビュー10周年記念映画公開! 「まるで人生の話を5人でしているかのようでした」

超新星 to SUPERNOVA デビュー10周年記念映画公開! 「まるで人生の話を5人でしているかのようでした」
昨年、超新星から改名し新たなスタートを切った韓国男性ダンスヴォーカルグループ・SUPERNOVA。日本デビュー10周年を迎える記念映画『超新星 10th Anniversary Film~絆は永遠に~』が26日公開となり、メンバーと監督・園田俊郎氏が、初日の舞台挨拶に登壇。1部と2部合わせて1,600名分のチケットに応募が殺到。まさにプラチナムチケットとなった。 今映画は、ドキュメンタリー『The HISTORY of 超新星 to SUPERNOVA』と、ショートムービー『絆は永遠に』の 2 部構成。ドキュメンタリーでは、貴重な過去映像を織り交ぜながら、日本デビュー以降の10年間を追っている。またメンバーが真摯に思いを語るロングインタビューや、2018 年の再始動の様子に密着。 ライブシーンはもちろん、メンバーの葛藤や喜びの表情も丁寧に編集されており、SUPERNOVAとしての覚悟が伝わってくる内容になっている。 もう1本、ショートムービー9『絆は永遠に』は、メンバーが自らの70代を演じるドラマ仕立て。今年撮り下ろされたもので、シリアスなストーリーや特殊メイク、初のメンバー全員共演も見どころだ。 その完成度は、エンドロールが流れる中、あちこちからすすり泣きの声が聞こえるほどだった。是非、全国のスクリーンに足を運んで欲しい。 上映後、大きな拍手とともに、前述した6人が登壇。大歓声に手を振って応える、ユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルの5人。映画についてのトークがスタート。ユナクが「制作期間に10年かかったすごい映画です」と観客の笑いを誘うと、グァンスは「10年間いろんなことがあった。ファンの皆さんと一緒に乗り越えて来て、いろんな絆が出来た。ファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」と感想を述べた。映画公開初日を迎えた、今の気持ちを聞かれ「嬉しい。いい思い出になると思う」と言ったのはソンジュ。ゴニルは、スタッフにも感謝の気持ちを述べた後、「すごく大きなプレゼント」と笑顔を見せた。会場からも拍手が起こった。  超新星時代から多くのMUSIC VIDEOを手掛け、本作でもメガホンをとった園田監督は、自分が彼らと関わる前の映像も含め、現存している10年分のすべての映像を「とても楽しみながら」観たと言う。さらに、自ら行ったロングインタビューの中で、メンバー同士、メンバーとファンの絆を感じタイトルを決めたのだそうだ。 このロングインタビューについて、ジヒョクは「日本語でロングインタビューをしたのは初めてで、ちゃんと自分の気持ちが伝えらえるか不安もあったが、映画を観て伝わったと思う。(日本語のインタビューを)頑張って良かった」と撮影を振り返った。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「超新星 + ライブ」のおすすめ記事

「超新星 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「超新星 + メンバー」のおすすめ記事

「超新星 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「2PM」のニュース

次に読みたい関連記事「2PM」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月29日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 超新星 メンバー
  2. 超新星 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。