『火口のふたり』荒井晴彦×根岸吉太郎トークイベント!「佑はまさに荒井晴彦が乗り移っているなと思った」

『火口のふたり』荒井晴彦×根岸吉太郎トークイベント!「佑はまさに荒井晴彦が乗り移っているなと思った」
直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『火口のふたり』のトークイベントが8月16日(金)に開催され、本作の脚本・監督を務めた荒井晴彦と、『遠雷』や『ひとひらの雪』などで荒井とタッグを組んだ映画監督の根岸吉太郎が登壇し、ロマンポルノ時代の思い出や荒井の新作である『火口のふたり』ついて、トークを繰り広げた。 トーク会場の代官山蔦屋書店で展開されている『火口のふたり』パネル展が若い女性に評判で、映画にも期待がかかりませんか?と問われた荒井は「そうかな(笑)試写室は混んでいるんだけど、よくあるんですよ、実際はお客が入らないってことは。」とバッサリ。皮肉なアンサーを発し会場を沸かせ、イベントがスタート。 本作について、根岸は「知り合いがたくさん集まって作っている映画なので、どうしても細かく観てしまうけど、とにかく一番は、今の時代に表現の問題だとか、いろんな事に対する忖度だったりだとか、一般の人が何を観たいと思っているかとか色々と考えるけど、全て取っ払ってこの題材を映画化したことがすごい。とにかく企画が素晴らしいね。」と盟友の新作を大絶賛。 登場人物が2人の本作は、原作より主人公たちの年齢が若くなっているが、荒井は「若い二人が演じてくれて、青春映画のようになって良かったよね。」と語り、対して根岸は、「遅れてきた青春。自分がそうだからかもしれないけど、スタイルとして「70年代」を感じるね。ひとつひとつの掴み方、あの時代の青春にダブっている感じ。佑はまさに荒井晴彦が乗り移っているなと思った。」と、本作が「70年代」を彷彿とさせ、柄本佑演じる賢治に当時の荒井晴彦が重なったと語った。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年8月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。