映画製作禁止の苦境から、中国を代表する映画監督へ! 『帰れない二人』のジャ・ジャンク―監督とは。

映画製作禁止の苦境から、中国を代表する映画監督へ! 『帰れない二人』のジャ・ジャンク―監督とは。
中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』が、9月6日㈮よりBunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館にて公開となる。 総移動距離7,700km!21世紀中国を背景に描き出す、17年に及ぶ愛。物語の舞台は、大きな変化を迎えた21世紀中国。山西省ダートン大同、長江に沈みゆく古都・フォン奉ジェ節、大都市・シンジャン新疆ウルムチ…7,700kmもの距離を旅しながら、移ろいゆく景色や街、それでも変わらない想いを抱えた、一組の男女の17年に渡る姿を映し出す。 中国はアメリカに並ぶ世界の映画市場となったが、現在、その中国映画界は政府の検閲強化の話題で持ちきりだ。ベルリン映画祭でチャン・イーモウ監督の作品が突然コンペ部門から引きあげられたり、この夏のヒットを見込まれていた「八佰」は上海映画祭で上映が中止され、公開も延期となった。極端に言えば、中国映画界は、政府の認める映画を製作するか、それとも、国内での上映は諦めて国外に向けて映画を製作するかの選択に迫られている。そのなかで、社会を鋭く切り取りながらも、高いレベルでエンタメ性を両立させた傑作を生みだし続け、新たな道を切り拓くのがジャ・ジャンクー監督だ。 1970年、中国山西省・フェン汾ヤン出身。地元の芸術大学に入り、油絵を専攻しながら小説を執筆し始める。93年に、中国で唯一、映画関係の人材を養成するエリート大学・北京電影学院文学系に入学。卒業制作として、初長編映画『一瞬の夢』を監督、ベルリン国際映画祭最優秀新人監督賞を受賞したほか、プサン国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、ナント三大陸映画祭でグランプリを獲得、国際的に大きな注目を集めた。 検閲を通さずに完成させた『一瞬の夢』の後、中国当局から劇映画の撮影を禁じられるが、オフィス北野の助けもあり、長編2作目『プラットホーム』(00)を製作、再びナント三大陸映画祭グランプリに輝く。国際的な評価の高まりにつれ、長編4作目『世界』より、国内上映が可能となり〈※『罪の手ざわり』を除く〉、現在では中国を代表する映画監督となった。 31歳の若さで、初のカンヌ国際映画祭コンペ部門出品となった『青の稲妻』(02)、ヴェネチア国際映画祭グランプリに輝いた『長江哀歌』(06)。そんなターニングポイントである2作を踏襲しつつ、進化させたのが最新作『帰れない二人』だ。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年8月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら