第2回「表現の不自由展・その後」のその後

第2回「表現の不自由展・その後」のその後
拡大する(全3枚)

“表現の不自由”が見事にあぶり出された

 前回は、自己紹介代わりに、今の憲法の作られた経緯について、ちょっぴり書きました。続きを書こうかとも思っていたのですが、重要な問題が起きたので、そちらについて思うことを述べてみます。『あいちトリエンナーレ2019』の中で開催されていた「表現の不自由展・その後」の中止問題です。

 なぜなら、僕の友人で敬愛する美術家・大浦信行さんと、その版画作品『遠近を抱えて』と、版画を含む20分の映像『遠近を抱えてPartII』が「天皇陛下の肖像を焼いている」としてバッシングの対象になっているようだからです。

第2回「表現の不自由展・その後」のその後の画像はこちら >>

▲『遠近を抱えて』14枚の連作のうちの1枚。

 「表現の不自由展・その後」については、多くの方が断片的ではあれ、知っていることでしょう。最初、この事件を知った時、『あいちトリエンナーレ2019』の催しそのものが中止になったのかと誤解したのですが、なくなったのは「表現の不自由展・その後」という企画展でした。開幕3日で中止になった際、従軍慰安婦をめぐる問題とか、政治家の介入の問題とかいろいろ言われました。

 隣に椅子の置かれた、慰安婦を表現した少女像は、それが置かれている場所の一つであるソウルの日本大使館前に、僕も一昨年行きました。でも近くには寄らず、眺めていました。名古屋の河村たかし市長が、今回の少女像の展示を見て「日本国民の心を踏みにじる行為」と内心で思うのは、心情としては分かる部分もありますが、だからと言って、自分の力で中止に持ち込むのは、政治家として、公権力者として正しい態度とは思えません。


この記事の画像

「第2回「表現の不自由展・その後」のその後」の画像1 「第2回「表現の不自由展・その後」のその後」の画像2 「第2回「表現の不自由展・その後」のその後」の画像3

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月1日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。