第十七回 「江戸時代の銭湯=湯屋から見る庶民の暮らし」

 ちーす。今年は突然夏が来て突然終わりましたね。30代最後の夏か~。どうでもいいですね。

 はい、今回は久々に江戸時代いってみましょう。争いごとや戦争ばかりに興味があり、文化風俗に疎い私ですが、なんとか江戸の庶民の暮らしに迫ってみましょう。ピンポイントで「銭湯」。

 江戸は当時、世界一とも言われる100万都市で、大変栄えておりました。人口が密集するので庶民は長屋という集合住宅に住むのが一般的。当然、木造なんですが、どうしても江戸は火事が起きやすい。んで各々の家には火を使う風呂はないんですな。

 乾燥したからっ風、それに伴い土埃が舞うんで、みんな風呂には入りたい。で、幕府は積極的に銭湯を奨励します。当時は「湯屋」と呼ばれてて、入浴料も江戸時代中期6文(約90円)で、かけそば1杯16文と比べても格安ですな。

 営業時間は日の出から日の入りまでと定められますが、日没時に火は落としても湯が冷める午後8時くらいまでやってたみたいす。湯屋の入り口には弓の弦に矢をつがえた絵の看板が掛けられて、「弓射る」(ゆみいる)に「湯いる」(ゆいる)を掛けた江戸っ子の洒落でした。そんな面白くないですけど。湯屋は江戸時代後期には600軒余に達しました。

 湯屋の中に入るとすぐ番台があります。そこで銭を払って、必要に応じてぬか袋や洗い粉、手拭い等を購入します。ぬか袋は今の石鹸にあたるようなもので、袋に米ぬかを詰めて湯を含ませ、体を擦ります。角質をとったり、美肌効果もあったそうな。洗い粉は小豆や大豆、滑石などからできた粉で、ビタミンも豊富、肌艶が良くなると江戸ギャルに人気だったとか。


当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月3日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。