『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映! 「変わらないものも確かにある」

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映! 「変わらないものも確かにある」
拡大する(全1枚)
©Kazuko Wakayama 9月13日(金)全国公開となるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』 が、第76回ヴェネチア国際映画祭の<ヴェニス・デイズ>部門に選出され、主演の柄本明、村上虹郎、オダギリジョー監督がヴェネチアに登場した。さらに、9月5日(木)《現地時間同日夜》に行われた公式上映にも参加。

映画『ある船頭の話』 公式上映/上映後Q&A

■日程:日本時間 9月5日(木)23:45頃~ ※現地時間 9月5日(木)16:45~ ■場所:イタリア・ヴェネチア ※公式上映→Sala Parla ■作品ゲスト:柄本明(70)、村上虹郎(22)、オダギリ ジョー監督(43) ヴェネチア国際映画祭<ヴェニス・デイズ>部門に選出され、長編初監督作で邦画としては史上初の快挙となったオダギリジョー監督作『ある船頭の話』が、日本時間9月6日(金)《※現地5日(木)夕刻》に公式上映が行われた。 上映会場となるSala Perlaには多数のカメラが集結し、約500席のチケットも完売。過去4本の出演作がヴェネチア国際映画祭に出品され、今年は監督(『ある船頭の話』)と俳優(『サタデー・フィクション』)の2作品での参加となった、“ヴェネチアに愛された男”オダギリジョーの人気の高さをうかがわせていた。 公式上映前、日本人メディア向けに行われた会見で、ヴェネチア国際映画祭に招待されたことについてオダギリジョー監督(以下:オダギリ)は、「俳優として何度か参加した思い入れのある映画祭だったので、とても光栄です」と今の心境を語った。主演を務めた柄本明(以下:柄本)は、「監督に船頭という役で選んでもらえて、ヴェネチアに来られたことを大変光栄に思います」と監督への感謝とともに喜びを語った。 ヴェニス・デイズ部門への出品についてオダギリは、「長編初監督作品で選んでいただけるのは本当に幸せで、それ以上の言葉が見つからない」と作家性を重視する部門への出品に、喜びを噛みしめていた。 公式上映では、オダギリ、柄本、村上虹郎(以下:村上)が参加しエンドロールから約5分間の鳴りやまないスタンディングオベーションに応えた。 上映後のQ&Aで、脚本段階での構想について聞かれたオダギリは、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク