ケロッピー前田のクレイジーミュージック探訪! ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン編開催!

ケロッピー前田のクレイジーミュージック探訪! ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン編開催!
拡大する(全1枚)
カウンターカルチャーの最先端・身体改造を日本に紹介してきたケロッピー前田が、『INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!』の著者・持田保とともに、数々の音源を振り返りながら、クレイジーミュージックのカリスマたちの文化的な背景やカウンターカルチャーとのかかわりを読み解くトークイベント『ケロッピー前田のクレイジーミュージック探訪 ~ ウィリアム・バロウズ & ブライオン・ガイシン 編』が2019年11月11日(月)にロックカフェロフトで開催される。 今回は、ドラッグ小説『裸のランチ』(1959年刊)で広く知られ、ポストパンク&インダストリアル系ミュージシャンにも多大な影響を及ぼした異能の作家ウィリアム・バロウズに迫る。 バロウズは、1950年代に文芸運動ビートにかかわるが、実弾を用いたウィリアムテルごっこで妻を撃ち殺してしまう。その後、逃亡の地モロッコのタンジールで画家ブライオン・ガイシンと出会い、彼から絵画のコラージュ技法を文芸や音響実験に応用したコラージュ技法「カット・アップ」や「フィールド・イン」を学び、バロウズ自身も小説執筆に応用した他、数々の音源も発表した。バロウズの小説に縛られない多岐に渡る活動は、ジェネシス・P・オリッジ、オーネット・コールマン、ローリー・アンダーソン、ビル・ラズウェルら、新たな創作技法を模索していたミュージシャンたちに支持され、また彼らとバロウズのコラボレーション作品も多く生み出された。バロウズ&ガイシンがカウンターカルチャーに及ぼした影響を数々の貴重音源を聴きながら振り返る。 バロウズが生み出したコラージュ技法「カット・アップ」「フィールド・イン」とは何か、ブライオン・ガイシンがタンジールで発見した民族音楽ジャジューカとは、ローリングストーンズの創立者にして、のちに変死を遂げたブライアン・ジョーンズはなぜバロウズやガイシンとかかわったのか、バロウズが80年代以降のカウンターカルチャーのカリスマとなったのはなぜかなど深く語らっていく。 現在予約受付中。イベント詳細はこちらをチェック。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク