the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」
拡大する(全5枚)
ザ・ハイエイタスの10周年記念、初の東京国際フォーラム公演。今までやってきたこと、手にしてきたものすべてを網羅するセットリストの中、後半はチェリストの徳澤青弦が招かれる。彼とハイエイタスの共演は7年ぶり。伊澤一葉を除くメンバーはいったん退場し、チェロとピアノ、あとは細美武士の歌だけでファースト収録の「Little Odyssey」が始まっていく。 今さらだが、それは圧倒的な名曲だった。竜巻のように舞い上がり、天から降り注いでくるようなメロディ。この曲に関してはロック云々をさておき、珠玉のバラード、と言い切っていいだろう。柔らかな生楽器の音が、細美の生声の強さを凛と引き立てている。そしてふと思う。なぜこの人はソロ・アーティストの道を選ばなかったのだろう。エルレガーデンの活動休止から一年、2009年にスタートしたハイエイタスは、最初からバンドを名乗っていたわけではない。細美がいちシンガーとしての作業に集中したければ、その道も十分にあり得たはずだ。
the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」
ファーストの一曲目「Ghost In The Rain」から始まったライヴ。二曲目もファーストから「The Flare」、次がセカンドの一曲目「The Ivy」なのだから、10周年総括のテーマははっきりと伝わってくる。冒頭に書いたような特別セッションはまだお預けで、まずはダイナミズムの確認が先だ。シンプルなパンクではない。重たい暗雲が押し寄せ、分厚く垂れ込めたその中からとつぜん稲妻が光るように、メロディが、ギターソロが、スネアの連打が放たれる。自然の激しさと厳しさによく似た美しさ。ぶつかりあい、火花散らしながら有機的な命を生み出していく5つの音には、一呼吸つく余地があまりない。凄まじい集中力。それを積み重ねることで、彼らは次第にひとつの塊になっていったのだ。 4、5曲目に新曲「Hunger」と「Servant」。ハンドマイクで歌う細美の表情は柔らかくなり、masasucks、ウエノコウジもふっと笑顔を見せる。ライト、と書くのは違うけれど、最新作『Our Secret Spot』の楽曲にあるのは確かな平穏だ。激しく火花を散らさなくても、すでに消えない灯火があるというムード。互いにぶつかりあうアレンジがなく、空間の心地よさが最優先されている。これこそが、10年かけてハイエイタスが手にした境地なのだろう。

この記事の画像

「the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」」の画像1 「the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」」の画像2 「the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」」の画像3 「the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」」の画像4
「the HIATUS、結成10周年記念・一夜限りのスペシャル公演!「夢の中にいるみたいでした」」の画像5