小説−8「命」第二章 歌う夏子

小説−8「命」第二章 歌う夏子
©絶望に効くクスリ・山田玲司  この小説は短編のつもりだったのだが、終わりが見えない。結局は自分の「音楽人生」にスライドしてゆく宿命なのか? 作詞までしてしまった(笑)。PANTAさんにでも使ってもらえたら嬉しいが……。意外と、この拙い文章を読んでエールを送ってくれる人がいるので頑張っています。これを書いている私も初老を過ぎて、ついに高齢者になった。

第二章 歌う夏子

 もうすぐ初老となる私は夢を見ている。  人は出会って、惹かれ合って、恋をして、二人とも不治の病をかかえて時が重なり、このまま歳をとって、やがて終末がやって来る。  私たちは「生」がある限り人を愛することができる。詩を書くことも歌を歌うことも。ただ「生きているそのもの」には価値がない。  しかし、どんな夢を見ても、甘い体験などはぎりぎりの時間。時が私たちを追い詰める。これまで相当ジタバタしてあがいてきて、絶望的になった私は自殺という道を選んだというのに、まだ頑張って生きようとしている自分があった。  夏子さんの担当医は、回復の見込みがないに等しいことを告げ、余命半年と宣託された彼女は一人になった。  私は夏子さんの気持が欲しいと切実に思った。重たい感覚が全身を支配し、少し余裕がなくなって来てしまっているのだろう。私はその当事者になりつつあるのだ。この日の時間と空間で起こった事実は消せないのだと思った。私は今、心の震えるような恋に出会っているのだ。もう一度だけでいい。ささやかな、あまくて魂のとろけるような体験をしているのだ。  なんだかいつものように哲学的な難しい話になったが、「死」の問題は避けて通ることはできない。だから少なくとも生きていることに価値を持たせなければ、意味がなくなる。  夏子さんはビルを売ったという相当な資金を持っている。金額は分からないが、あと数ヶ月でそのお金を全部使い切りたいと言う。しかし、私には全くイメージが湧かなかった。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る 2019年11月1日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。