御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」

御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」
拡大する(全4枚)
東京スカパラダイスオーケストラが11月4日に晴天の大阪で開催された御堂筋ランウェイに出演した。 御堂筋ランウェイはその名の通り、大阪のシンボル的な大通りである御堂筋をランウェイに見立て、「PAINT IT OSAKA~世界を大阪色にぬりかえよう!」のテーマのもと、音楽、ダンス、ファッション、上方芸能で大阪を盛り上げるイベントだ。スカパラは10月中旬よりアメリカ・メキシコツアーを行い、メキシコ最大の音楽アワードでは優れたライブパフォーマンスを披露するミュージシャンに贈られる賞を受賞するなど、デビュー30周年を迎えた今も尚、日本国内のみならず世界中で大活躍しているが、日本への帰国後最初のパーフォーマンスを披露する場が御堂筋ランウェイとなった。 メインMCの今田耕司による「東京スカパラダイスオーケストラ!御堂筋ランウェイ、スペシャルライブ!」の掛け声とともに、淡いブルーの揃いのスーツを身に纏ったスカパラメンバー9人が颯爽とステージに登場。 谷中敦(Baritone sax)が「大阪!スカパラで盛り上がる準備はいいか!」と御堂筋沿いに集まった大観衆を煽ったあと、「ウィー・アー・大阪スカパラダイスオーケストラ!」とスペシャルライブに相応しいスペシャルな掛け声でライブがスタートした。1曲目の「スキャラバン」からスカパラメンバーはメチャクチャ楽しそうに演奏している。
御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」
最初のMCで谷中が「3年前からお話をいただいていて今年実現できて幸せです。」と今年出演できたことへの感謝と喜びを伝えたあと、「戦うように楽しんでくれよ!」と谷中にしか言えないキメ文句で大観衆を煽っていく。 GAMO(Tenor sax)が発した「出発進行!」を合図にスカパラメンバーが立っているステージがフロートとして動き出す。2曲目に披露されたのは「Paradise Has No Border」だ。スカパラメンバーも出演したアルコール飲料のTVCMソングとして長きに渡ってオンエアされたり、小学校・中学校・高校の吹奏楽部でカバーされたり、なかでもブラスバンド界では全国屈指の名門校である習志野高校吹奏楽部が演奏するなど、インストゥルメンタル・ナンバーでありながら広くお茶の間に知れ渡っている楽曲だ。南北にのびる御堂筋の東側と西側でそれぞれ溢れかえっている観客目掛けてGAMOを中心にどんどん煽って盛り上げていく。

この記事の画像

「御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」」の画像1 「御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」」の画像2 「御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」」の画像3 「御堂筋ランウェイにスカパラ登場! 「戦うように楽しんでくれよ!」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「東京スカパラダイスオーケストラ」に関する記事

「東京スカパラダイスオーケストラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京スカパラダイスオーケストラ」の記事

次に読みたい「東京スカパラダイスオーケストラ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク