矢野顕子 80年代の代表作『オーエスオーエス』『峠のわが家』アナログ盤で再発決定!本人コメントも到着!

矢野顕子 80年代の代表作『オーエスオーエス』『峠のわが家』アナログ盤で再発決定!本人コメントも到着!
矢野顕子の84年発売『オーエスオーエス』と86年発売『峠のわが家』が2019年11月27日(水)にアナログ・レコードでの再発売が決まった。 『オーエスオーエス』は共同プロデューサーとして坂本龍一が参加した1984年発売の7枚目のオリジナル・アルバム。 東京とロサンゼルスで録音が行われ、 ベースにウィリー・ウィークス、 ドラムスにカルロス・ベガなど米国人ミュージシャンを起用している。 坂本龍一がシンセサイザーを担当するほか、 細野晴臣高橋幸宏といった、 散開後のYMOメンバーの参加もみられる。 『峠のわが家』は1986年2月発売、 MIDIから発売された第1弾のオリジナル・アルバム作品。 坂本龍一共同プロデュース。 高橋幸宏、 大村憲司もレコーディングには参加するもののテクノポップ感がうすれ、 ジャズ回帰色が明確になった作品である。 米国バーニー・グランドマン・マスタリングによるカッティング、 国内プレス。 完全生産限定盤。 11月20日リリースの『SUPER FOLK SONG』、 『ふたりぼっちで行こう』、 『Soft Landing』のアナログ・レコードとともに、 矢野顕子ファンは要チェックのアイテムだ。 また先月の立川シネマシティに続き、 11月22日(金)に1日限定で、 矢野顕子のドキュメンタリー映画『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』(2017デジタル・リマスター版)が渋谷パルコ8階、 ホワイトシネクインにて再上映される。 『SUPER FOLK SONG』の制作風景に迫ったドキュメンタリー映画であり、 一音ごとの緊張感、 一場面ごとの研ぎ澄まされた臨場感が、 矢野の音楽に対する“執念”にも近い強い意志と想いとともに極めてリアルに伝わってくる。 株式会社ソニー・ミュージックダイレクトが運営するサイト「otonano」内にて矢野顕子アナログ特設ページが公開されている。 今後の最新情報や詳細情報はこちらからも要チェックだ。 今回のアナログ・レコード再発売に寄せて、 矢野顕子より最新のコメントが届いている。

矢野顕子 コメント

こうやって聴くと、 自分がたくさんの人々の力を借りて、 めちゃいいものを作っていたんだということに気がつきます。 その時の矢野顕子しか作れない音です。 今の耳で聞いても心が踊る。 さあ、 共に踊るべー。

あわせて読みたい

矢野顕子のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュース

次に読みたい関連記事「野宮真貴」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「玉置浩二」のニュース

次に読みたい関連記事「玉置浩二」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「城南海」のニュース

次に読みたい関連記事「城南海」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月7日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。