デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!

デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!
拡大する(全6枚)
デーモン閣下が『DEMON’S ROCK “DKR(うたどくろ)” TOUR』のファイナルにて、12月4日にリリースとなるシングル曲「NEO」を初披露した。楽曲「NEO」は、デーモン閣下が”世を忍ぶ仮の姿”の中学生時代から大ファンであったALICEに自身作品への楽曲提供をお願いしたことから生まれた。ALICEとして史上初の他アーティストプロデュース作品となり、谷村新司氏作詞、堀内孝雄氏作曲、矢沢透氏が編曲、しかも谷村氏、堀内氏、矢沢氏3名がコーラスにも加わるという超豪華楽曲となっている。そしてカップリング曲にはALICEが1981年の活動休止前にリリースした名曲「エスピオナージ」のカヴァーも収録される。 ジャケット写真も解禁となり、デーモン閣下発案のもと、新しい=NEO衣装が完成。デーモン閣下にしか出来ない世界観はいつも度肝を抜くものばかりである。
デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!
本TOURは、10月にリリースされたデーモン閣下の最新アルバム『うた髑髏(どくろ) -劇団☆新感線劇中歌集-』を具現化。劇団☆新感線の劇中歌はハードロック・ヘヴィーメタルを基調としているだけに、正に王道のハイトーンヴォイスとシャウトなど、冴えわたるメタルスピリット溢れるライヴステージを繰り広げた。劇中歌集である今作は構成が綿密に練られており、ライヴではそのアルバムの曲順と同じ構成で展開された。 劇団☆新感線劇中歌ならではのハードなサウンドと壮大で心揺さぶられるドラマティックな楽曲群、そして今回のライヴで特筆すべきこととして、劇中で楽曲が使われるシーンのセリフを閣下そしてバンドメンバーが朗読し楽曲が演奏されるという演出もあり、ロックオペラを思わせるような贅沢な世界が広がった。初日の大阪、千秋楽の東京と2公演に訪れた劇団☆新感線主宰の演出家いのうえひでのり氏にもこの演出方法は好評だったという。これぞ、あるようで決して無かったシアトリカルライヴといえよう。

この記事の画像

「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像1 「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像2 「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像3 「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像4
「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像5 「デーモン閣下「本当にうれしいことがあった」。ALICEプロデュースによる新曲「NEO」を初披露!」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

デーモン閣下のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「デーモン閣下」に関する記事

「デーモン閣下」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「デーモン閣下」の記事

次に読みたい「デーモン閣下」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク