坂本龍一、坂本慎太郎など国内外の鬼才による、元ちとせ「奄美シマ唄」REMIXアナログレコードの発売決定!

坂本龍一、坂本慎太郎など国内外の鬼才による、元ちとせ「奄美シマ唄」REMIXアナログレコードの発売決定!
2002年「ワダツミの木」の大ヒットからデビュー16周年を迎え、その歌手活動が充実期を迎える中、自身の歌の原点である「奄美シマ唄」集の新録アルバム「元唄(はじめうた)~元ちとせ 奄美シマ唄集~」が昨年11月にリリース。10代の頃から地元・奄美大島でシマ唄の唄者(うたしゃ)として活躍していた元ちとせが「今の声で歌うシマ唄を残したかった」と語るアルバムが多方面から高い評価を受ける中、“奄美シマ唄の再構築”ともよべる新たなフェーズに突入する企画が2019年6月からスタートした。 REMIXERには元ちとせとも親交が深く、日本を代表する音楽家でもある坂本龍一をはじめとして、ゆらゆら帝国解散後、独自のスタンスで国内外へ活動の場を広げている坂本慎太郎、惜しくも今年7月に急逝したジャズやヒップホップをベースにしたドープなビートの開拓者Ras G、異ジャンルとのコラボで新たなアンビエントミュージックの世界を構築している鬼才Tim Hecker、海外からの評価も高い新しい日本の才能Chihei Hatakeyama、ウィーン生まれの天才演奏家/プロデューサー Dorian Conceptなど各ジャンルの革新的アーティストがラインナップされている。 国内外の鬼才によるREMIXということで、配信当時から大きな話題を呼んでいるこの企画も11月27日の坂本龍一氏のREMIXをもって全6曲の配信が完了する。満を持して全曲をコンプリートしたアナログレコードの発売が12月25日に決定した。シマ唄とアナログレコードの親和性も高く、デジタル配信とはまた違ったREMIX音源の魅力を感じてもらえる作品となるはずだ。 発売日となる12月25日は「クリスマス」として広く親しまれているが、「奄美群島日本復帰記念日」にもあたる。2019年は本土復帰66周年。国内外のアーティストによって彩られた"元ちとせ 奄美シマ唄REMIX"アナログレコードのリリース日として最良の日ではないだろうか。 ジャケットはCD「元唄~元ちとせ奄美シマ唄集~」、REMIX配信、アナログレコードと全てのデザインを信藤三雄氏が手がけ、日本画家・田中一村氏の作品が使用されている。マンスリー配信同様、本レコードも多方面から大きな話題を呼ぶことだろう。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「大槻ケンヂ」のニュース

次に読みたい関連記事「大槻ケンヂ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢野顕子」のニュース

次に読みたい関連記事「矢野顕子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュース

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。